千葉県内・酒造大手の飯沼本家が農業分野に参入。自社の日本酒製造に利用するコメ・観光農園の運営で収益向上を目指す

千葉県内・酒造大手の飯沼本家は11月25日、農業分野に参入したと発表した。アルコール飲料の多様化や若者の酒離れで、同社の酒造部門の売上高は4年前より26%減少。特に東日本大震災以降は落ち込みが激しく「酒造として生き残るため、農業など基盤の整備を急いだ」(同社・社長)。日本酒製造に使うコメの生産や観光農園の運営で、収益力を高める考えだ
 
 
既に同社では、酒々井町に農業法人「きのえね農園」を設立している。同社の飯沼社長が保有、取得した土地を使い、日本酒を造るための酒米などの作付けをする。現在すでに2000平方メートルにコメを植えており、来年度は1000〜1500平方メートルを追加することを検討している
 
 
「理想を言えば酒造りに使うコメの全量を自社でまかなえるようにしたい」(飯沼社長)。自分たちの手で作ったコメを使うことで、減農薬・無農薬栽培を保証できるなど安全性をアピールできる利点がある。ブルーベリーなどの果樹やサツマイモを植え、観光農園として集客することも考えている。とれた果物を使ったリキュールの開発も視野に入れており、来夏以降には販売に踏み切る予定だ。
 
 
老舗の蔵元ならではの展開もある。歴史ある建物を生かし、2012年中に見学・体験に訪れた観光客への飲食店運営も始める。農園で取れたての野菜を出すなど、相乗効果が狙えるとみる。同社の日本酒製造量は年間約360キロリットルと「10年前の半分以下」になってしまった
 
 
「10年後に酒造として生き残るには生産・加工・販売とトータルでやっていかなければ」との危機感が参入のきっかけとなった。中長期的には農業者の育成や耕作放棄地の解消などにもつなげる考えだ。メーンバンクとして同社の農業参入を支援した千葉興業銀行の青柳俊一頭取は「成田プレミアム・アウトレットが開業すれば、酒々井周辺に新たな商圏ができる」と言及。同地域を成長市場とみて、今後の展開に期待感を示した。(参考:日経ニュースなど)