スプレーノズルを活用した様々な商品の提案、冷却・空調から農業分野まで/噴霧式の水耕システムも神戸大学と開発

スプレーノズルの国内市場でシェア3割を誇る株式会社いけうちは、スプレーノズルを活用した様々な商品を提案している。例えば、東京電力福島第1原子力発電所の事故で、節電に迫られた日本列島。今年の夏は、全国の商業施設などで “霧の打ち水” が活躍した。

見た目は薄い煙のようだ。霧は付着すると、すぐに気化する。その時、熱を奪うため、周囲の温度が3〜5度下がり涼しくなる仕組み。高圧のスプレーノズルから出る水滴の大きさは10〜30マイクロメートルと微細なため蒸発が早く、ヒトはぬれたと感じない。「女性の化粧が崩れることもない」(村上社長)
 
 
霧は、スプレーノズルの内部で水を圧縮したり空気を混ぜたりして生み出す。電気に頼る部分が少ないため、エアコンと比べると電力使用を40分の1に抑えられる。水道代を含めた運転コストも10分の1だ。震災直後から大幅な電力使用量の抑制を迫られた関東に拠点を構えるメーカーからの問い合わせが殺到。件数は前年の10倍まで膨らんだ。
 
 
この他、スプレーノズルは工場の洗浄ラインや農薬散布などで使われている。同社の競争力の源泉は約4万2000に上る品ぞろえ。霧の粒子の大きさや水圧、広がり方などを考慮し、様々な構造を試した結果だ。繊維機械の商社として産声を上げた同社がスプレーノズルの販売を始めたのは1961年。繊維機械の糸通しに摩耗しづらいセラミックが採用されていることに、創業者で現名誉会長の池内博氏が着目。スプレーノズルへの応用に取り組んだ。「当時、農薬の散布などに使われていた金属製のスプレーノズルは内部が摩耗で劣化しやすい課題があった
 
 
その後、加湿・空調装置にも進出。当時、電子部品などの工場では屋内が乾燥すると静電気が生じ、歩留まりが悪くなる問題を抱えていた。いけうちは80年、1台で家庭用の10倍以上の能力を持つ産業用加湿器を投入。90年には制御機器などを組み込んだ工場の空調システムにも手を広げた。スプレーノズルという部品製造から、霧を使ったシステムメーカーへと脱皮を果たした
 
 
そして、今年7月、神戸大学や神戸市などと共同で霧を使って農作物に肥料を与える栽培装置を開発。霧にした液体肥料をトマトやイチゴなどの根に吹き付けるもので、従来の栽培方法より低コストで設備も小規模で済む。「植物工場」など技術革新が欠かせない農業でも霧の活用拡大をにらむ。村上社長は「これまで以上に霧が持つ利便性を世界に訴えていきたい」と力を込める。節電や製品の品質向上といった課題は日本に限らず世界でも共通。いけうちの霧ビジネスは視界良好といえそうだ。<参考:日経産業新聞など>
 
《会社概要》         
設立:1954年
本社:大阪市西区阿波座1の15の15
売上高:41億6000万円(2011年9月期)
従業員:約310人
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  2. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  3. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  4. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  5. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  6. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  7. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  8. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  9. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  10. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  2. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  3. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  4. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
ページ上部へ戻る