絵本の中で簡単に家庭菜園・インテリアとしても人気。水道管事業から植物工場ビジネスへ新規参入(明和工業)

水道管の製造などを手がける明和工業はグリーン事業部にて、インテリアとしても飾って楽しめる家庭用向け栽培キット「グリーンスーパーマーケット(商品ブランド名)」を開発。現在は絵本をイメージした箱の中で観葉植物を育てる「グリーンストーリー」と、牛乳パック型の箱の中でカイワレなどの食用植物を育てる「グリーンディッシュ」の2商品をサイト内でも販売している。
 

 
同社が販売する商品は、以前、弊社サイトでもご紹介した “ポストカードと家庭菜園を融合した” 「ポストカーデン」のような商品であり、「グリーンストーリー」は部屋の中に緑を置いて、癒やしを感じてもらうことを狙っている。「グリーンディッシュ」は自分で育てた植物を食べることで子どもの食育にも役立つという。9月に発売以降、1カ月半で約8000個を出荷した。
 
 
水道管を使って新しいマーケットを開拓したい」。本業の水道管事業は今後大きな成長が見込めないため、水道管を使った植物工場を作りたいと考えたのが、グリーンスーパーマーケットを立ち上げたきっかけ。いきなり植物工場を事業化するのは難しいため、まずは家庭で気軽に植物を育てられる園芸用品を作れないかと昨年10月から新商品の開発プロジェクトを始動した。土を使わず、栽培用スポンジに種と水を入れるだけで簡単に栽培できるようにした。
 
 
小林ゼネラルマネージャーは「これまでの園芸は道具や知識が必要で、そのハードルを下げたかった」と話す。また、園芸商品として一般的な鉢やプランターに入れるのではなく、インテリアとして部屋にとけ込むデザインにこだわり、絵本型や牛乳パック型の箱が誕生した。小売業からの引き合いは多く、11月末現在でロフトや東急ハンズなど全国200店の店頭に並んでいる。現在は2商品だが、クリスマスやバレンタインデーなどのプレゼント需要を見込み、新商品の開発も進めている。
 
 
明和工業の2011年3月期の売上高は前の期比10%増の37億円。12年3月期は40億円を見込む。主力事業の水道管事業は、公共投資が一巡し、中長期の需要拡大は見込めない。グリーンスーパーマーケットを新しい事業の柱に育てていく考えだ。<参考:日本経済新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  3. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  4. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  5. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  6. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  2. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る