絵本の中で簡単に家庭菜園・インテリアとしても人気。水道管事業から植物工場ビジネスへ新規参入(明和工業)

水道管の製造などを手がける明和工業はグリーン事業部にて、インテリアとしても飾って楽しめる家庭用向け栽培キット「グリーンスーパーマーケット(商品ブランド名)」を開発。現在は絵本をイメージした箱の中で観葉植物を育てる「グリーンストーリー」と、牛乳パック型の箱の中でカイワレなどの食用植物を育てる「グリーンディッシュ」の2商品をサイト内でも販売している。
 

 
同社が販売する商品は、以前、弊社サイトでもご紹介した “ポストカードと家庭菜園を融合した” 「ポストカーデン」のような商品であり、「グリーンストーリー」は部屋の中に緑を置いて、癒やしを感じてもらうことを狙っている。「グリーンディッシュ」は自分で育てた植物を食べることで子どもの食育にも役立つという。9月に発売以降、1カ月半で約8000個を出荷した。
 
 
水道管を使って新しいマーケットを開拓したい」。本業の水道管事業は今後大きな成長が見込めないため、水道管を使った植物工場を作りたいと考えたのが、グリーンスーパーマーケットを立ち上げたきっかけ。いきなり植物工場を事業化するのは難しいため、まずは家庭で気軽に植物を育てられる園芸用品を作れないかと昨年10月から新商品の開発プロジェクトを始動した。土を使わず、栽培用スポンジに種と水を入れるだけで簡単に栽培できるようにした。
 
 
小林ゼネラルマネージャーは「これまでの園芸は道具や知識が必要で、そのハードルを下げたかった」と話す。また、園芸商品として一般的な鉢やプランターに入れるのではなく、インテリアとして部屋にとけ込むデザインにこだわり、絵本型や牛乳パック型の箱が誕生した。小売業からの引き合いは多く、11月末現在でロフトや東急ハンズなど全国200店の店頭に並んでいる。現在は2商品だが、クリスマスやバレンタインデーなどのプレゼント需要を見込み、新商品の開発も進めている。
 
 
明和工業の2011年3月期の売上高は前の期比10%増の37億円。12年3月期は40億円を見込む。主力事業の水道管事業は、公共投資が一巡し、中長期の需要拡大は見込めない。グリーンスーパーマーケットを新しい事業の柱に育てていく考えだ。<参考:日本経済新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  4. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  5. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  6. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  7. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  8. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  9. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  10. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る