中国市場をターゲットに太陽光を利用した植物工場事業の展開を発表/2020年に年間100億円の売上を目指す(三菱樹脂・ケミカルHD)

三菱ケミカルホールディングスは中国市場をターゲットに植物工場事業を展開することを発表した。まず江蘇省の協同組合と提携し、太陽光を活用した養液栽培などのシステムを2012年から発売する。中国では節水型の農業や安全性の高い農作物への需要が拡大しており、同社は低コストで収穫増加が見込める植物工場を普及させ、20年に同事業で年100億円の海外売り上げを目指す
 
 
実際の事業運営は三菱樹脂が行う。また、農業資材の子会社であるMKVドリームが農業資材の販売などを手掛ける江蘇省チャイナコープ(南京市)と提携した。両社で約6000万円を投じて、トマトやホウレンソウなどを育てる植物工場の試験設備を整えた
 
 
植物工場は小型の自動装置で育てた苗を機能性フィルムを張ったビニールハウスで育て、苗の病気や農薬の使用量を減らす。苗は培養液を満たした箱で密植・多作化する。トマトの場合、10アール当たりの収穫量で通常のハウス栽培の2.5倍に当たる年間50トンの収穫が見込める。両社は1年間かけて効果を検証したのち、合弁会社などを設立して江蘇省の農業法人などに販売する。江蘇省チャイナコープの年間売上高は約5兆円と大きいほか販売網も広いため、提携先に選んだ。
 
 
三菱樹脂は植物工場を日本では10アール当たり3000万円前後(ハウスを含まない場合)で出荷する予定だが、資材の現地生産などで販売価格の引き下げを目指す。今後は江蘇省以外にも提携先を広げたい考えだ。
 
 
三菱樹脂グループは農業用フィルムなどの大手メーカー。新事業である植物工場を国内では11年から千葉大学と共同実験中で、12年から国内外で発売する。既存のハウスを活用できるのでコンテナなどを使った完全人工光型の工場よりも初期投資を抑えられる。農作物の栽培コストも6分の1程度で、中国でも普及しやすいとみている。
 
 
中国では農業人口の高齢化や水不足の問題で、収穫増が見込める効率的な栽培手法への関心が高まっている。ハウス栽培など施設園芸の面積は11年で前年比約2割増の約360万ヘクタールになる見通しで日本の約70倍の規模。三菱樹脂は既存のハウスが活用できる植物工場の普及の余地が大きいとみている。<参考:日経速報ニュースより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  3. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  6. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  9. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  10. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  2. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  3. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  4. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
ページ上部へ戻る