中国市場をターゲットに太陽光を利用した植物工場事業の展開を発表/2020年に年間100億円の売上を目指す(三菱樹脂・ケミカルHD)

三菱ケミカルホールディングスは中国市場をターゲットに植物工場事業を展開することを発表した。まず江蘇省の協同組合と提携し、太陽光を活用した養液栽培などのシステムを2012年から発売する。中国では節水型の農業や安全性の高い農作物への需要が拡大しており、同社は低コストで収穫増加が見込める植物工場を普及させ、20年に同事業で年100億円の海外売り上げを目指す
 
 
実際の事業運営は三菱樹脂が行う。また、農業資材の子会社であるMKVドリームが農業資材の販売などを手掛ける江蘇省チャイナコープ(南京市)と提携した。両社で約6000万円を投じて、トマトやホウレンソウなどを育てる植物工場の試験設備を整えた
 
 
植物工場は小型の自動装置で育てた苗を機能性フィルムを張ったビニールハウスで育て、苗の病気や農薬の使用量を減らす。苗は培養液を満たした箱で密植・多作化する。トマトの場合、10アール当たりの収穫量で通常のハウス栽培の2.5倍に当たる年間50トンの収穫が見込める。両社は1年間かけて効果を検証したのち、合弁会社などを設立して江蘇省の農業法人などに販売する。江蘇省チャイナコープの年間売上高は約5兆円と大きいほか販売網も広いため、提携先に選んだ。
 
 
三菱樹脂は植物工場を日本では10アール当たり3000万円前後(ハウスを含まない場合)で出荷する予定だが、資材の現地生産などで販売価格の引き下げを目指す。今後は江蘇省以外にも提携先を広げたい考えだ。
 
 
三菱樹脂グループは農業用フィルムなどの大手メーカー。新事業である植物工場を国内では11年から千葉大学と共同実験中で、12年から国内外で発売する。既存のハウスを活用できるのでコンテナなどを使った完全人工光型の工場よりも初期投資を抑えられる。農作物の栽培コストも6分の1程度で、中国でも普及しやすいとみている。
 
 
中国では農業人口の高齢化や水不足の問題で、収穫増が見込める効率的な栽培手法への関心が高まっている。ハウス栽培など施設園芸の面積は11年で前年比約2割増の約360万ヘクタールになる見通しで日本の約70倍の規模。三菱樹脂は既存のハウスが活用できる植物工場の普及の余地が大きいとみている。<参考:日経速報ニュースより>