中国市場をターゲットに太陽光を利用した植物工場事業の展開を発表/2020年に年間100億円の売上を目指す(三菱樹脂・ケミカルHD)

三菱ケミカルホールディングスは中国市場をターゲットに植物工場事業を展開することを発表した。まず江蘇省の協同組合と提携し、太陽光を活用した養液栽培などのシステムを2012年から発売する。中国では節水型の農業や安全性の高い農作物への需要が拡大しており、同社は低コストで収穫増加が見込める植物工場を普及させ、20年に同事業で年100億円の海外売り上げを目指す
 
 
実際の事業運営は三菱樹脂が行う。また、農業資材の子会社であるMKVドリームが農業資材の販売などを手掛ける江蘇省チャイナコープ(南京市)と提携した。両社で約6000万円を投じて、トマトやホウレンソウなどを育てる植物工場の試験設備を整えた
 
 
植物工場は小型の自動装置で育てた苗を機能性フィルムを張ったビニールハウスで育て、苗の病気や農薬の使用量を減らす。苗は培養液を満たした箱で密植・多作化する。トマトの場合、10アール当たりの収穫量で通常のハウス栽培の2.5倍に当たる年間50トンの収穫が見込める。両社は1年間かけて効果を検証したのち、合弁会社などを設立して江蘇省の農業法人などに販売する。江蘇省チャイナコープの年間売上高は約5兆円と大きいほか販売網も広いため、提携先に選んだ。
 
 
三菱樹脂は植物工場を日本では10アール当たり3000万円前後(ハウスを含まない場合)で出荷する予定だが、資材の現地生産などで販売価格の引き下げを目指す。今後は江蘇省以外にも提携先を広げたい考えだ。
 
 
三菱樹脂グループは農業用フィルムなどの大手メーカー。新事業である植物工場を国内では11年から千葉大学と共同実験中で、12年から国内外で発売する。既存のハウスを活用できるのでコンテナなどを使った完全人工光型の工場よりも初期投資を抑えられる。農作物の栽培コストも6分の1程度で、中国でも普及しやすいとみている。
 
 
中国では農業人口の高齢化や水不足の問題で、収穫増が見込める効率的な栽培手法への関心が高まっている。ハウス栽培など施設園芸の面積は11年で前年比約2割増の約360万ヘクタールになる見通しで日本の約70倍の規模。三菱樹脂は既存のハウスが活用できる植物工場の普及の余地が大きいとみている。<参考:日経速報ニュースより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  2. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  3. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  4. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  5. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  6. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  7. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  8. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  9. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  10. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
ページ上部へ戻る