栄養価が高く・経済的な「豆苗」を生産するため、山梨県北杜市に最先端の植物工場を建設。月産400万パックの供給が可能に(村上農園)

村上農園は、栄養価が高く経済的な「豆苗」を生産するため、山梨北杜市に最先端の生産工場を建設し、今年12月より営業生産を開始する、という。これにより、現在月産200万パック(年産2,400万パック)である豆苗の生産能力が一気に倍増し、月産400万パック(年産4,800万パック)の供給が可能となる予定。以下、同社のプレスリリースを掲載しておく。

月産400万パック供給体制へ 山梨県北杜市に最新鋭植物工場 竣工

株式会社村上農園(本社:広島市、代表取締役社長:村上 清貴)は本日、国内最大の『豆苗(とうみょう)』専用植物工場として山梨北杜市に生産センターを竣工し、本年12月より営業生産を開始する予定です。これにより、現在月産200万パック(年産2,400万パック)である当社の豆苗の生産能力は一気に倍増し、月産400万パック(年産4,800万パック)の供給が可能となります。

スプラウト(発芽野菜)生産の最大手である村上農園は、豆苗の栄養価やおいしさ、様々な料理に使える点に着目し、1995年から豆苗の生産を開始しました。えんどう豆(グリーンピース)の若菜である豆苗は、元々露地栽培で収穫の時期が限られていたため一部の高級レストランで使われる稀少野菜でしたが、植物工場での生産により周年安定供給が可能となり、現在では一般家庭の日常的な食材として徐々に定着しつつあります。特に直近の2年間では、それまでの2倍を超える(当社生産量比)急激な需要の増大となっております。

これは、常に安定した価格で購入することが可能で、かつ安全・安心な栽培工程で生産される植物工場の特徴により、豆苗が、リーズナブルで使い勝手のよい野菜として広くお客様の支持を得始めた結果であると当社では捉えています。当社は、このたびの新生産センター稼働により、従来の供給不足を一気に解消するとともに、豆苗を健康維持に欠かせない魅力的な緑黄色葉物野菜として、広く家庭用に業務用に提案してまいります。
 
<豆苗について>
日本では、1970年以降に一部の中国料理店などで高級食材として提供されていました。その後、1995年頃から植物工場で生産されたものがスーパーなどの量販店でも販売されるようになり、ほうれん草や小松菜よりβカロテンやビタミン類を豊富に含む栄養価、アク抜きが不要で調理方法が簡単なこと、和洋中を問わず様々な料理にマッチする等の理由からお子様のおられるご家族からひとり暮らしで栄養が偏りがちな方々まで手軽な栄養補給源としてお役立てていただいています。

また、豆苗は残った根と豆の部分を水に浸しておくと、1週間程度で再収穫ができるため、エコで経済的な食材として、家庭で楽しみながら育てることも可能です。
 
<安全・安心について>
震災後、食品に対する消費者の安全性の意識はますます高まっている中、村上農園では、いち早く自主的な放射線量検査を開始し検査結果を公開してきました。新センターで生産される『豆苗』についても、当社研究開発部(広島市)にて放射性物質測定器により定期的に放射性物質検査を実施し、結果を随時、当社公式Facebook上※で公表していきます。
 
【山梨北杜生産センター概要】
所在地  :山梨県北杜市明野町上手12250番地 (標高750m)
建築面積 :敷地面積56,522m2 建物面積12,838m2(第一期工事)
着工   :2011年2月19日
竣工   :2011年11月15日
生産品目 :豆苗
生産能力 :月産200万パック(年産2,400万パック)
設備・技術:当社が培ってきたスプラウト栽培技術を基盤に、農業先進国
オランダと日本のハイテク技術などを結集した最新鋭の植物工場。
◇窓など開口部の無い閉鎖構造により、虫や異物混入リスクを低減
◇温室に複層フィルムを使用して冷暖房費の約30%を削減
◇全自動ムービングベンチシステムにより省エネ、効率的に栽培中の野菜を移動
◇パット&ファン冷房システムの採用による夏期高温対策
 
【山梨県北杜市概要】
北杜市は、日照時間日本一、豊富できれいな水、清浄な空気と農業生産に最適な条件をすべて兼ね備え、物流面でも中央自動車道からの首都圏、中京圏へのアクセス性が抜群です。
 
【村上農園概要】
創業  :1978年1月10日
本社  :広島市佐伯区五日市中央6丁目1888-1
代表者 :村上 清貴
売上高 :31億9,000万円(2010年12月期)
事業内容:かいわれ大根、スプラウト、豆苗など発芽野菜の生産・販売
事業所 :本社・研究開発部(広島)
     生産センター(広島2箇所、千葉、神奈川、静岡2箇所、三重、福岡)
     営業所(千葉、大阪、広島)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  2. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  3. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  4. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  5. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  6. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  7. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  8. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  9. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  2. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
ページ上部へ戻る