インドの綿農家のオーガニック栽培への移行支援/農家への経済的負担の軽減・環境保全にも貢献(伊藤忠・クルック)

伊藤忠商事は、インドの綿農家のオーガニック栽培(有機栽培)への移行を支援する事業「プレオーガニックコットンプログラムが、「2011年度グッドデザイン賞」で特別賞の「サステナブルデザイン賞(経済産業大臣賞)」を受賞した。ビジネスを通して持続可能な社会実現に貢献するプログラム、と評価された。
 

<販売商品の一部:クルックと伊勢丹が厳選、今治タオルとして名高い愛媛県今治市の生産者を選定>

 
プレオーガニックコットンプログラムは、オーガニック栽培に移行する3年の期間中、栽培支援費を加えて購入するとともに、有機農法の指導やオーガニック認証の取得サポートを行う内容(オーガニックコットンとして出荷するには、農薬の使用をやめてから3年が経過した畑で栽培する必要がある)。オーガニックコットンに認定される前に無農薬で育てた綿をプレオーガニックコットンと呼び、認定までの3年は収穫量が減り、農家の収入が減少する。そのため、農家の経済的な負担を軽減する支援が必要となる。
 
 
プログラムは、オーガニック関連事業のクルックと共同で展開。オーガニックに移行する農家の経済的な負担を軽減して生産地を広げるとともに、農薬や化学肥料が原因の環境・健康被害の解消を目指し、2007年に始めた。2011年11月の時点で延べ2500の農家を支援した。約40のブランドが、このプログラムを導入している。今後、伊藤忠は受賞を機にプレオーガニックコットンプログラムの拡大を進め、企業や消費者に一層の理解を求めていく、という。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  2. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  3. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  8. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  9. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  10. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  2. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  3. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  4. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
ページ上部へ戻る