現地の富裕層をターゲットに中国・長春でハウス栽培。メロン・アスパラガスなど通年・農作物を生産し、大規模化を目指す(農業法人輝楽里)

先日、海外市場への進出事例として簡単にご紹介した農業生産法人の輝楽里(北海道・江別市)について、さらに詳細情報を掲載しておく。同社は、中国・長春市でメロンやアスパラガスなど野菜の現地生産に乗り出した企業である。既に、長春市内に2ヘクタールの農地を確保し、約50棟のハウスを設置した
 
 
春先から実験的に、トマトやトウモロコシ、ピーマンなどの野菜を生産している。今冬にはホウレンソウなどの葉物も手掛け、通年生産の体制を整える。投資額は1000万円で、現地法人の吉林省輝楽里農業科技開発公司を設立。ゆくゆくは数百棟規模のハウスに拡大する考えだ
 
 
長春市は食料増産のため野菜生産団地として大規模耕地の整備を進めており、輝楽里はその一画を借りた。同市が位置する中国東北部は冬場は厳寒となり、北海道と気象条件が似ている。輝楽里はハウス栽培で冬季でも生産できる技術を持っており、農地を提供した長春市側にはこうした手法を導入したいとの思惑もあるようだ。
 
 
現地で生産する野菜を中国の富裕層向けに提供する計画。来年には現地の卸売り会社を経由して販売する計画があるほか、現地で販路を確立している日本の商社に販売委託することも検討している。中国でも食料の安全性を求める機運が高まっており、「自国のものより海外の産品を求める傾向が強い」という。必要以上の農薬を使わない栽培方法や、生産履歴を厳格に残す管理手法などを現地生産に取り込み、安全性をアピールする
 
 
現地法人の従業員は5人。輝楽里で数年間、研修生として生産方法を学んだ中国人である。このほか、日本人スタッフが常時1〜2人、指導役として滞在する。輝楽里は常時、5人近くの中国人研修生を受け入れている。これまで研修生は帰国後に習得技術を生かす機会が乏しかったという。長春の農場を、帰国した研修生の就労の場としても活用していく。<参考:日本経済新聞など>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  2. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  5. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  6. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  7. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  8. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  9. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  10. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  2. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  3. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  4. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
ページ上部へ戻る