豊田通商と朝日工業が中国現地企業と組み、有機肥料の合弁会社を山東省にて設立。環境汚染の低減・循環型農業の構築を目指す

豊田通商株式会社朝日工業株式会社は、中国の大手食品会社である龍大食品集団有限公司(以下:龍大食品)と組み、中国の肥料市場に参入、中国山東省において有機および有機化成肥料製造・販売の合弁会社を設立する以下、プレス文章を掲載しておく。
 
 
中国の農業は、近年の経済成長や人口増加による農産物の需要増とともに拡大した結果、現在いくつかの問題を抱えています。例えば、収量増のための化成肥料の過剰施肥による地力の低下、農薬の過剰使用による農産物の安全性の低下などがあります。また、畜産業の拡大とともに、畜ふんの不適切な処理による環境汚染の問題なども発生しています。

<日経プレスリリースより>

 
このような環境の中、このたび設立する新会社は、現地で発生する畜ふんなどを有効活用した有機および有機化成肥料を製造し、中国国内で販売いたします。朝日工業は、日本有数の有機肥料メーカーとして、新会社では今まで培った技術・ノウハウを生かし、肥料生産技術・管理、品質管理、施肥設計・土壌診断などの業務を担当いたします。
 
 
豊田通商は、食料分野を注力分野のひとつと位置付け、世界でさまざまな事業を展開しています。中国における豊富な事業経験で培ったノウハウやネットワーク、およびバイオマス活用事業で培った畜ふんの堆肥化ノウハウを生かし、新会社では、事業経営、マーケティングなどの業務を担当いたします。また、龍大食品は、中国での知名度やネットワークを生かし、原料提供、営業、生産労務管理などの業務を担当いたします。

試験的に有機肥料を利用したハウス栽培(小松菜など)にも取り組んでおり、今後の事業展開にも大きな発展が見込めるプロジェクト・新会社設立である。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  2. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  3. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  4. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  5. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  6. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  9. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  2. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  3. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  4. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
ページ上部へ戻る