徳島県の農業・工業分野に強みを持つ2校が連携して、人工光によるレタスの水耕栽培をスタート/徳島科学技術高校・城西高校

県立徳島科学技術高校と城西高校の生徒が共同で、屋内で光を照射して野菜の生育を促す「植物工場」の実験に挑戦している。工業と農業、それぞれの得意分野を生かし、科学技術の生徒がLED(発光ダイオード)照明を、城西が種や養液をそれぞれ担当してレタスを実験栽培している
 
 
各県立高校は近年、企業の協力も得て学習や地域貢献活動を進めている。徳島科学技術高校は日亜化学工業から提供を受けたLEDで大型電光掲示板などを製作。城西高校も大塚化学などの技術指導で、土の代わりに養液で植物を育てる水耕栽培を学んだ
 
 
今年の7月に計画が持ち上がり、夏休み中から各校でLEDの照明ユニットや養液の準備に着手。科学技術は情報科学部の1年生3人が、城西は農業科学科の2年生約10人が担当し、9月には試験的に蛍光灯の光でレタスの栽培を始め、約1カ月で育った試作品を10月下旬に開かれた県高校生産業教育展で披露した
 
 
実験では、ウレタンにレタスの種を植え込み、養液の入ったコンテナに浮かべた発泡スチロールに差し込む。ミツバ、ネギも栽培し、今後、本格的にLED光を当てる。光の照度や養液の濃度など、それぞれの視点で成長との関係を分析する。今後は「効率性を上げるため、照らす時間や適した照明の色などで生徒と工夫を重ねていきたい」と話している<参考:毎日新聞より>