収穫後そのままサラダで食べられるナス品種「サラダ紫」/新たな調理法でナスの需要拡大<神奈川県農業技術センター>

神奈川県農業技術センターが2007年に開発した「サラダ紫」は、見た目は水ナスだが、最大の特徴は「生でも食べられる」こと。一般のナスと比べて水分は3割多く、糖度も1割高い。09年に品種登録され、県内では年間100トン前後を生産している。開発に着手したのは2003年。「サラダ向きの新品種を作ろう」と県が種苗会社の「サカタのタネ」と手を組んだ。
 
ライフスタイルの変化で料理の省力化がすすむ中、いため物や焼き物が主流のナスは需要が低迷している。同技術センターの北宣裕部長は「新たな調理方法でナスの需要を掘り起こそうとした」と話す。
 

<写真:神奈川県農業技術センターより>

 
神奈川県はナスの主力産地でない。それでも北部長は「神奈川県だからこそできた」と言い切る。理由は、全国から住民が集まる地域性にある。ナスは土地柄によって受け継がれてきた品種が異なる。京都の賀茂ナスや大阪の水ナス等、なじみの薄いものはほとんど売れないと言われるほど地域性の強い野菜である。
 
 
一方で神奈川県は住民の出身地がさまざま。百貨店などの小売店で「京野菜」が売られるなど、消費者は多種多様なナスを食べている。北部長は「見慣れない品種でも受け入られると思った」と話す。また、民間の種苗会社ではなく県が先導したのも理由がある。
 
 
1粒で1株を収穫できるホウレンソウなどとは異なり、ナスは1粒あたりの収穫量が多い。種苗会社にとっては種販売の採算性が低いため、民間企業だけでは取り組みづらかった。こうして始まった「官民共同研究」。サカタのタネと種を持ち寄り、生でも青臭さが少ない、のどごしのよい品種を探した。
 
 
水分の多い水ナスや肉質の柔らかい大長ナスなどのほか、サカタのタネが持つネパールの多産用品種など120種類を掛け合わせた。3年かけて甘く、柔らかく、水分を多く含む品種を選定した。形状はなじみのある細長型ではなく、巾着型を採用。店頭で消費者が既存品種と差別化できるようにした。発売から4年を経て意外な特徴もわかってきた。「調理不要」が売りだったが、揚げ物やいため物向けにも人気が高いという。
 
 
理由は水分を多く含むため、油を吸いにくいからだ。健康志向の消費者が好むといい、「糖尿病のお父さんに」と直売所に買いに来るリピーターも増えた。今後の課題は認知度の向上だ。
 
 
サラダ紫の年間生産量は100トン前後で4年間の推移は横ばい。県内の直売所のほか、スーパーなどの小売店が主な販売先だ。北部長は「今後、全国展開を目指すため対策を検討中」と話す。開発当初から生産を続ける農家の広瀬重治さんも「漬物などにも合い、調理方法は多様。今後はレシピと合わせて多くの人に広めていきたい」と意気込んでいる。<参考:日経MJ、神奈川県農業技術センターなど>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  3. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  4. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  5. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  8. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  9. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  10. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  2. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  3. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る