収穫後そのままサラダで食べられるナス品種「サラダ紫」/新たな調理法でナスの需要拡大<神奈川県農業技術センター>

神奈川県農業技術センターが2007年に開発した「サラダ紫」は、見た目は水ナスだが、最大の特徴は「生でも食べられる」こと。一般のナスと比べて水分は3割多く、糖度も1割高い。09年に品種登録され、県内では年間100トン前後を生産している。開発に着手したのは2003年。「サラダ向きの新品種を作ろう」と県が種苗会社の「サカタのタネ」と手を組んだ。
 
ライフスタイルの変化で料理の省力化がすすむ中、いため物や焼き物が主流のナスは需要が低迷している。同技術センターの北宣裕部長は「新たな調理方法でナスの需要を掘り起こそうとした」と話す。
 

<写真:神奈川県農業技術センターより>

 
神奈川県はナスの主力産地でない。それでも北部長は「神奈川県だからこそできた」と言い切る。理由は、全国から住民が集まる地域性にある。ナスは土地柄によって受け継がれてきた品種が異なる。京都の賀茂ナスや大阪の水ナス等、なじみの薄いものはほとんど売れないと言われるほど地域性の強い野菜である。
 
 
一方で神奈川県は住民の出身地がさまざま。百貨店などの小売店で「京野菜」が売られるなど、消費者は多種多様なナスを食べている。北部長は「見慣れない品種でも受け入られると思った」と話す。また、民間の種苗会社ではなく県が先導したのも理由がある。
 
 
1粒で1株を収穫できるホウレンソウなどとは異なり、ナスは1粒あたりの収穫量が多い。種苗会社にとっては種販売の採算性が低いため、民間企業だけでは取り組みづらかった。こうして始まった「官民共同研究」。サカタのタネと種を持ち寄り、生でも青臭さが少ない、のどごしのよい品種を探した。
 
 
水分の多い水ナスや肉質の柔らかい大長ナスなどのほか、サカタのタネが持つネパールの多産用品種など120種類を掛け合わせた。3年かけて甘く、柔らかく、水分を多く含む品種を選定した。形状はなじみのある細長型ではなく、巾着型を採用。店頭で消費者が既存品種と差別化できるようにした。発売から4年を経て意外な特徴もわかってきた。「調理不要」が売りだったが、揚げ物やいため物向けにも人気が高いという。
 
 
理由は水分を多く含むため、油を吸いにくいからだ。健康志向の消費者が好むといい、「糖尿病のお父さんに」と直売所に買いに来るリピーターも増えた。今後の課題は認知度の向上だ。
 
 
サラダ紫の年間生産量は100トン前後で4年間の推移は横ばい。県内の直売所のほか、スーパーなどの小売店が主な販売先だ。北部長は「今後、全国展開を目指すため対策を検討中」と話す。開発当初から生産を続ける農家の広瀬重治さんも「漬物などにも合い、調理方法は多様。今後はレシピと合わせて多くの人に広めていきたい」と意気込んでいる。<参考:日経MJ、神奈川県農業技術センターなど>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  2. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  5. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  6. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  7. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  8. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  9. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  10. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  2. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  3. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  4. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
ページ上部へ戻る