マイクロバブル開発のアスプが農業分野をターゲットに新たな装置を販売/国内だけでなく中国や東南アジアも将来的には視野に

大学や企業向けの実験用装置の開発・販売を手掛ける株式会社アスプ自社開発した直径0.1〜30マイクロメートルの微細な気泡「マイクロナノバブル」を発生させる装置を農業従事者向けに売り出す。これまでは電子部品の汚れを除去する応用研究を進める企業や大学が主な顧客だったが、農作物の成長を促す特長を生かして新たな販路を開拓年間100台の販売を目指す
 
 
同社の超微細気泡発生装置は200〜1000リットルの水量に対応し、100ボルトの電源に差し込むだけで使える。大きさは高さ360ミリ、幅400ミリ、奥行き240ミリ。マイクロナノバブルは50マイクロメートル以下の気泡で、マイナスの電荷を帯び、瞬間的に超高温・超高圧状態になる。このため水質浄化や医療など幅広い分野で利用が見込まれ、大学や企業の研究機関向けに販売してきた。
 
 
今回、新たな販路として同社が開拓を目指すのは農業分野。水中で発生させた超微細気泡がプラスの電荷を帯びる土壌内の栄養分を吸着し、酸素と共に作物内に効率的に吸収されることで、農作物の成長を促進させる働きに注目した
 
 
具体的には、装置を既存の農業用水の貯水タンク内に設置し、配水用のパイプを通じて超微細気泡を含んだ水を農作物に与える。すでに昨年度に愛知県内のイチゴ農家で試験導入し、導入前と比較して、収穫量で2割増を達成している。
 
 
また来年2月に中国・北京で開催される、世界のイチゴ栽培技術や農業機械などを集めた「第7回世界苺大会in北京」で、同装置と超微細気泡を活用した栽培手法を紹介する予定だ。将来的には中国を中心に、東南アジアでの販売体制の構築も目指す。
 
 
装置の価格は40万円から同社では水温や肥料の種類など、超微細気泡の特性を生かした最適な栽培方法の指導と合わせて、農業従事者に装置の売り込みを図る。同社では年間5000万円の販売を目指す。<参考:日本経済新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  4. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  5. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  6. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  7. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  8. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  9. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  3. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る