台湾・中国、ベトナムなど海外市場への進出・農作物輸出に力を入れる北海道の農協・農業生産法人(中山農場、輝楽里)

帯広市別府町の帯広市川西農協の工場では、国内では人気が低い巨大サイズのナガイモを選別し、海外への輸出に力を入れている。張り巡らされたベルトコンベヤーの前では、女性従業員数十人が続々と流れてくるナガイモの選別を行い、自分が担当する大きさや形、質を見極め、脇の段ボールに詰めていく。海外への輸出は1999年、大きいサイズが薬膳として重宝される台湾から始まり、2007年には米国に販路を拡大。輸出量は1年目の約684トンから昨年は全収量の8%にあたる1644トンに増加し、輸出総額は3億8千万円に上った。
 

<台湾で販売されているナガイモ。Mサイズ程度で約1400円と高級品だという、参考:社団法人帯広青年会議所より>

 
国内市況の低迷時には輸出を増やして国内流通量を調整し、市場価格を維持できる効果もある。輸出前10年間の農家の平均収入は、10アールあたり56万8千円。輸出後10年間の平均は約3割増の72万5千円になった。04年に2棟目の貯蔵施設が完成して通年出荷が可能となり、従業員も増やした。工場ではいま約70人が働く。同農協の常田馨農産部長は「自立した、努力が報われる農業経営をしなければならない。輸出はその一環だ」と話す。
 
 
その他にも北海道・別海町の中山農場では、近い将来の海外輸出に向けて、ミルクの加工工場やベトナム人研修生の受け入れ等を行っている。同農場は、250ヘクタールの牧場に約700頭の乳牛を飼育し、毎日10トンの牛乳を生産する巨大ファームである。ホクレンが乳業メーカーと決めた価格を基に取引されるため、規模拡大や乳量が増える牧草の改良などで生産性を高めてきた。
 
 
しかし、近年の価格は下落傾向で、輸入飼料の価格は高騰。生き残り策として今年4月、9千万円を投じて、約200平方メートルの加工工場「ミルク工房」を建設した。毎日約1トンの牛乳を使って、高い利益が見込めるチーズを生産。すでに道内のレストランへ販売しているが、近い将来、海外への輸出も見据えている。
 
 
また、数人のベトナム人研修生を受け入れ、数年間酪農を学んでもらい、帰国後に乳製品の需要が高まるとみる同国での「現地生産」を担ってほしい、との思惑がある。「農産物の自由化はいずれ進む。海外から利益を持ってこないと生き残れない。発想は製造業と同じだ」。中山勝志社長はこう指摘する。
 
 
同様の目的のため、北海道江別市の生産法人「輝楽里(きらり)」は今年3月、中国・長春に現地法人を設立。1千万円をかけて3ヘクタールの敷地にハウス50棟を造り、トマトやキュウリ、メロンなどの栽培を始めた。作業するのは研修生として受け入れていた中国人ら約10人。狙うのは、地元の富裕層らの需要取り込みだ。
 
 
輝楽里は国内では約140ヘクタールの農地で米や野菜を作り、スーパーなどへ販売している。石田清美社長は「市場の縮小で国内で作っても食べてくれない時代がくることだってあり得る。TPP(環太平洋経済連携協定)はピンチだが、輸出や検疫のハードルが下がってチャンスに変えられる可能性もある」と話す<参考:asahi.comなど>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  4. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  5. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  3. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  4. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
ページ上部へ戻る