完全人工光型の苗・植物工場を稼働/全国にて苗生産・販売を行うベルグアース(愛媛県宇和島)がジャスダック上場へ

野菜苗の生産・販売(一部、苗専用型・植物工場も稼働)を行うベルグアース(宇和島市)は10月21日、大阪証券取引所からジャスダック市場への上場を承認された。上場は11月29日の予定。県内の農業法人の上場は初めてで、南予では2004年12月のヨンキュウ(宇和島市)以来2社目となる。

ベルグアースは、地元出身の山口社長が1996年2月に設立した山口園芸(宇和島市)を、2001年1月に分社化した。本社を同市津島町北灘に置く。
 
 
宇和島のほか長野県東御市と岩手県花巻市に直営農場、全国に17の委託農場を持ち、トマトやキュウリ、ナスなどの苗年間約2500万本を全国の種苗会社やJA、量販店に販売している室内で光、水、温度などをコンピューター制御する閉鎖型苗生産システムを開発し、06年に導入。病害虫の侵入を防ぎ、減・無農薬栽培を可能にした

資本金は2億3320万円。従業員は160人。10年10月期の売上高は29億8千万円、経常利益1億8千万円、当期純利益は8千万円。以下、詳細情報を掲載しておく。
 

<新規上場承認>◇ジャスダック◇ベルグアース
事業内容=野菜の接ぎ木苗の生産販売、農業資材の仕入れ販売など
上場予定日=11月29日
本社=愛媛県宇和島市
社長=山口一彦
資本金=2億3320万円
公募=25万株
売り出し=17万4400株
オーバーアロットメントによる売り出し=6万3600株
ブックビルディング期間=11月9〜15日
申込期間=11月18〜24日
払込日=11月28日
主幹事=野村証券

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  4. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  5. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  6. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  8. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  9. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  10. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  2. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  3. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  4. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
ページ上部へ戻る