除草・病害虫対策が簡単な低コスト屋上緑化システムの販売強化。緑化の義務化が進む都市部での需要見込む(中部電力)

中部電力グループは、簡単に施工・管理できる屋上緑化システムを開発し、グループ会社の中電不動産を通じて販売の強化を行っていく、という。本システムは、2004年に中部電力が開発した「雑草の生えにくい植物を利用した地面の緑化技術」を屋上緑化に応用したもの。特徴は除草がほとんど不要のシステムであること。以下、詳細記事と関連サイトを掲載しておく(参考:同社の屋上・壁面緑化専用WEBサイト


 
中部電力は工場やビル用に低コストの屋上緑化システムを開発した。除草や病虫害対策などが簡単で、管理コストが一般の芝生に比べて3分の1以下で済むという。2011年度にグループ会社を通じて販売を始める。鉄塔や資材置き場など同社が持つ多数の土地の雑草対策の技術を応用したもので、緑化の義務化が進む都市部での需要を見込む
 
 
植物繊維などでできたシートにシバの仲間など3種類の植物の種を植え付け、水をやる装置と一緒に屋上に敷き詰める。約1年で植物が地面を十分に覆い、高さは20〜30センチにしか成長せず、踏みつけにも強い採用したシバなどの植物は暑さや病虫害に強く、雑草の繁殖を防ぐ特徴がある。多数の社有地での除草の手間と費用を減らすために中部電の技術開発本部で開発したもので、09年から屋上緑化への応用を研究してきた。
 
 
屋上緑化では芝生のほか、サボテンの仲間であるセダムを使うことが多い。中部電によると、芝生は芝刈りや除草、病虫害対策などが必要で、1平方メートルあたり年1800〜2500円の管理費がかかる。病虫害に強いセダムでも650円かかるという。これが、中部電の緑化システムだと管理費は年500円以下で済む計算。システム価格も広さ1千平方メートルに施工する場合で1平方メートル当たり2万円台と、芝生などと同等という。
 
 
都市部では地球温暖化やヒートアイランドの対策として緑化の義務化が進んでいる。中部地方でも名古屋市が08年から一定以上の建物などに緑化を義務付けている。屋上緑化のニーズが高まっているが、高温や強風など生育環境が厳しく、維持管理の手間がネックになっている。こうした現状・ニーズに対するソリューションとして同システムが拡大していくチャンスもあるだろう。<参考:電気新聞、日本経済新聞など>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  2. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  3. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  4. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  6. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  7. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  8. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  4. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
ページ上部へ戻る