除草・病害虫対策が簡単な低コスト屋上緑化システムの販売強化。緑化の義務化が進む都市部での需要見込む(中部電力)

中部電力グループは、簡単に施工・管理できる屋上緑化システムを開発し、グループ会社の中電不動産を通じて販売の強化を行っていく、という。本システムは、2004年に中部電力が開発した「雑草の生えにくい植物を利用した地面の緑化技術」を屋上緑化に応用したもの。特徴は除草がほとんど不要のシステムであること。以下、詳細記事と関連サイトを掲載しておく(参考:同社の屋上・壁面緑化専用WEBサイト


 
中部電力は工場やビル用に低コストの屋上緑化システムを開発した。除草や病虫害対策などが簡単で、管理コストが一般の芝生に比べて3分の1以下で済むという。2011年度にグループ会社を通じて販売を始める。鉄塔や資材置き場など同社が持つ多数の土地の雑草対策の技術を応用したもので、緑化の義務化が進む都市部での需要を見込む
 
 
植物繊維などでできたシートにシバの仲間など3種類の植物の種を植え付け、水をやる装置と一緒に屋上に敷き詰める。約1年で植物が地面を十分に覆い、高さは20〜30センチにしか成長せず、踏みつけにも強い採用したシバなどの植物は暑さや病虫害に強く、雑草の繁殖を防ぐ特徴がある。多数の社有地での除草の手間と費用を減らすために中部電の技術開発本部で開発したもので、09年から屋上緑化への応用を研究してきた。
 
 
屋上緑化では芝生のほか、サボテンの仲間であるセダムを使うことが多い。中部電によると、芝生は芝刈りや除草、病虫害対策などが必要で、1平方メートルあたり年1800〜2500円の管理費がかかる。病虫害に強いセダムでも650円かかるという。これが、中部電の緑化システムだと管理費は年500円以下で済む計算。システム価格も広さ1千平方メートルに施工する場合で1平方メートル当たり2万円台と、芝生などと同等という。
 
 
都市部では地球温暖化やヒートアイランドの対策として緑化の義務化が進んでいる。中部地方でも名古屋市が08年から一定以上の建物などに緑化を義務付けている。屋上緑化のニーズが高まっているが、高温や強風など生育環境が厳しく、維持管理の手間がネックになっている。こうした現状・ニーズに対するソリューションとして同システムが拡大していくチャンスもあるだろう。<参考:電気新聞、日本経済新聞など>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  4. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  5. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  6. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  10. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  2. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
ページ上部へ戻る