来年度の復興トマト(塩トマト)・キャベツなどの農業復興支援に対して、味の素冷凍食品より餃子の売上一部を寄付

弊社のパートナー企業である「NPO法人農商工連携サポートセンター」が宮城県岩沼市、仙台市にて実施してきた農業復興支援「復興トマト・塩トマト」「復興きゃべつ」が高く評価され、来年度の活動に対して味の素冷凍食品株式会社による寄付の対象団体の一つに決定いたしました。以下、プレスリリースを掲載いたします。

〜 「ギョーザ」を食べて、東北を応援しよう! 〜
味の素冷凍食品(株)、「ギョーザ」製品の売上の一部を東北の農業復興支援として寄付

味の素冷凍食品株式会社(社長:吉峯英虎 本社:東京都中央区)は、2011年11月1日(火)より、味の素冷凍食品「ギョーザ」『東北に元気を!明日を耕すプロジェクト』を実施し、「ギョーザ」製品(5品種)の売上に対し1袋あたり1円を、支援金として東北地方の農業復興支援を行っている3団体に寄付します。この支援金は、震災による津波の影響で塩害等の被害を受けている東北地方の農業復興支援の一部として活用されます。
 
味の素冷凍食品株式会社は、「私たちは、冷凍食品事業を通じて『人と社会のしあわせ』づくりに貢献します」を企業理念として掲げており、その企業理念に基づき、今回、「ギョーザ」の販売を通じて東北地方の農業復興を支援します。
 
【概 要】
1.名称:味の素冷凍食品「ギョーザ」『東北に元気を!明日を耕すプロジェクト』

2.実施内容:「ギョーザ」製品(5品種)の売上に対し1袋あたり1円を、支援金として東北地方の農業復興支援を行っている3団体に寄付します。この支援金は、震災による津波の影響で塩害等の被害を受けている東北地方の農業復興支援の一部として活用されます。
 
3.対象製品:「ギョーザ」、「おつまみギョーザ」、「焼いてもゆでてもおいしいギョーザ」
「なにわのおつまみ餃子30個」※、「なにわのおつまみ餃子50個」※ 計5品種
※「なにわのおつまみ餃子30個」、「なにわのおつまみ餃子50個」は、共に宅配向け品種です。
 
4.対象期間 :2011年11月1日(火)〜2012年2月29日(水)(左記期間の当社出荷分が対象)
 
5.寄付団体名:
(1) 特定非営利活動法人 農商工連携サポートセンター
(2) 特定非営利活動法人 遠野まごごろネット
(3) 公益財団法人 日本財団※
※ 同財団が選定した「特定非営利活動法人 農家のこせがれネットワーク」に、同財団を通じて助成を行います。
 
6. 寄付実施時期:2012年3月ごろを予定しています。
 
7.そ の 他:この支援活動実施については、「ギョーザ」パッケージ裏面のほか店頭でも告知します。また、ホームページにて、寄付団体の活動や、農業支援の状況等を定期的にお知らせします。