来年度の復興トマト(塩トマト)・キャベツなどの農業復興支援に対して、味の素冷凍食品より餃子の売上一部を寄付

弊社のパートナー企業である「NPO法人農商工連携サポートセンター」が宮城県岩沼市、仙台市にて実施してきた農業復興支援「復興トマト・塩トマト」「復興きゃべつ」が高く評価され、来年度の活動に対して味の素冷凍食品株式会社による寄付の対象団体の一つに決定いたしました。以下、プレスリリースを掲載いたします。

〜 「ギョーザ」を食べて、東北を応援しよう! 〜
味の素冷凍食品(株)、「ギョーザ」製品の売上の一部を東北の農業復興支援として寄付

味の素冷凍食品株式会社(社長:吉峯英虎 本社:東京都中央区)は、2011年11月1日(火)より、味の素冷凍食品「ギョーザ」『東北に元気を!明日を耕すプロジェクト』を実施し、「ギョーザ」製品(5品種)の売上に対し1袋あたり1円を、支援金として東北地方の農業復興支援を行っている3団体に寄付します。この支援金は、震災による津波の影響で塩害等の被害を受けている東北地方の農業復興支援の一部として活用されます。
 
味の素冷凍食品株式会社は、「私たちは、冷凍食品事業を通じて『人と社会のしあわせ』づくりに貢献します」を企業理念として掲げており、その企業理念に基づき、今回、「ギョーザ」の販売を通じて東北地方の農業復興を支援します。
 
【概 要】
1.名称:味の素冷凍食品「ギョーザ」『東北に元気を!明日を耕すプロジェクト』

2.実施内容:「ギョーザ」製品(5品種)の売上に対し1袋あたり1円を、支援金として東北地方の農業復興支援を行っている3団体に寄付します。この支援金は、震災による津波の影響で塩害等の被害を受けている東北地方の農業復興支援の一部として活用されます。
 
3.対象製品:「ギョーザ」、「おつまみギョーザ」、「焼いてもゆでてもおいしいギョーザ」
「なにわのおつまみ餃子30個」※、「なにわのおつまみ餃子50個」※ 計5品種
※「なにわのおつまみ餃子30個」、「なにわのおつまみ餃子50個」は、共に宅配向け品種です。
 
4.対象期間 :2011年11月1日(火)〜2012年2月29日(水)(左記期間の当社出荷分が対象)
 
5.寄付団体名:
(1) 特定非営利活動法人 農商工連携サポートセンター
(2) 特定非営利活動法人 遠野まごごろネット
(3) 公益財団法人 日本財団※
※ 同財団が選定した「特定非営利活動法人 農家のこせがれネットワーク」に、同財団を通じて助成を行います。
 
6. 寄付実施時期:2012年3月ごろを予定しています。
 
7.そ の 他:この支援活動実施については、「ギョーザ」パッケージ裏面のほか店頭でも告知します。また、ホームページにて、寄付団体の活動や、農業支援の状況等を定期的にお知らせします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  2. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  3. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  4. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  5. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  9. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  10. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  3. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  4. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
ページ上部へ戻る