来年度の復興トマト(塩トマト)・キャベツなどの農業復興支援に対して、味の素冷凍食品より餃子の売上一部を寄付

弊社のパートナー企業である「NPO法人農商工連携サポートセンター」が宮城県岩沼市、仙台市にて実施してきた農業復興支援「復興トマト・塩トマト」「復興きゃべつ」が高く評価され、来年度の活動に対して味の素冷凍食品株式会社による寄付の対象団体の一つに決定いたしました。以下、プレスリリースを掲載いたします。

〜 「ギョーザ」を食べて、東北を応援しよう! 〜
味の素冷凍食品(株)、「ギョーザ」製品の売上の一部を東北の農業復興支援として寄付

味の素冷凍食品株式会社(社長:吉峯英虎 本社:東京都中央区)は、2011年11月1日(火)より、味の素冷凍食品「ギョーザ」『東北に元気を!明日を耕すプロジェクト』を実施し、「ギョーザ」製品(5品種)の売上に対し1袋あたり1円を、支援金として東北地方の農業復興支援を行っている3団体に寄付します。この支援金は、震災による津波の影響で塩害等の被害を受けている東北地方の農業復興支援の一部として活用されます。
 
味の素冷凍食品株式会社は、「私たちは、冷凍食品事業を通じて『人と社会のしあわせ』づくりに貢献します」を企業理念として掲げており、その企業理念に基づき、今回、「ギョーザ」の販売を通じて東北地方の農業復興を支援します。
 
【概 要】
1.名称:味の素冷凍食品「ギョーザ」『東北に元気を!明日を耕すプロジェクト』

2.実施内容:「ギョーザ」製品(5品種)の売上に対し1袋あたり1円を、支援金として東北地方の農業復興支援を行っている3団体に寄付します。この支援金は、震災による津波の影響で塩害等の被害を受けている東北地方の農業復興支援の一部として活用されます。
 
3.対象製品:「ギョーザ」、「おつまみギョーザ」、「焼いてもゆでてもおいしいギョーザ」
「なにわのおつまみ餃子30個」※、「なにわのおつまみ餃子50個」※ 計5品種
※「なにわのおつまみ餃子30個」、「なにわのおつまみ餃子50個」は、共に宅配向け品種です。
 
4.対象期間 :2011年11月1日(火)〜2012年2月29日(水)(左記期間の当社出荷分が対象)
 
5.寄付団体名:
(1) 特定非営利活動法人 農商工連携サポートセンター
(2) 特定非営利活動法人 遠野まごごろネット
(3) 公益財団法人 日本財団※
※ 同財団が選定した「特定非営利活動法人 農家のこせがれネットワーク」に、同財団を通じて助成を行います。
 
6. 寄付実施時期:2012年3月ごろを予定しています。
 
7.そ の 他:この支援活動実施については、「ギョーザ」パッケージ裏面のほか店頭でも告知します。また、ホームページにて、寄付団体の活動や、農業支援の状況等を定期的にお知らせします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  2. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  3. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  4. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  5. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  6. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  7. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  8. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
ページ上部へ戻る