低段密植・養液栽培用の初のトマト品種「すずこま」を開発・加熱調理に適したクッキングトマト/将来的には植物工場への導入も検討

農研機構・東北農業研究センターとJA全農は、低段密植・養液栽培用の初のトマト品種「すずこま」を育成し、近々、果実の試験販売も開始することを発表した。今回育成した「すずこま」は、草姿がコンパクトで密植に適し、30〜40gの小さめの果実を多数収穫することが可能である
 
 
また、「すずこま」の果実は、抗酸化作用を持つ色素リコペンを多く含み、みずみずしい濃赤色で糖度は低めの「加熱調理に適するクッキングトマト」である。新しい品種が開発されたことにより、世界平均の半分しかない日本のトマト消費量を増やす役割が期待されている。以下、要約のみ掲載。詳細は東北農業研究センターのサイトをご参照下さい。
 

 

■ 「すずこま」育成の背景・経緯

【多段栽培と低段密植・養液栽培】
日本において生果実で流通させるトマトは、ほぼすべてが多段栽培。低段密植・養液栽培は、1970年代から日本で独自に開発されてきたトマトの栽培技術であり、苗を通常の2〜4倍(最大1000株/a 程度)の密度で定植して高設ベンチで栽培し、低段の花房(1〜3段)の果実のみを収穫した後に新たな苗に植え替え、これを年に3〜4作繰り返す。

この方法によって、作業の単純化、高品質化、低コスト化などの実現が可能で、一部で実用化されているほか、植物工場への導入も検討されている。
 
 
【生食用トマトとクッキングトマト】
日本の一人当たり年間トマト消費量は、世界平均のほぼ半分の9kg程度(FAO統計、2007)。消費量の多い諸外国において、トマトは多くが加熱調理されるのに対して、日本ではほとんどが生で食されており、これが消費量の少ない一因

近年トマトを加熱調理する機会が増えているが、ホールトマト缶の輸入が増え続けている。これは消費者やプロの調理人は、日本の生食用大玉トマトを加熱調理した時の品質に満足していないことの表れである。
 
 
■ 「すずこま」の特性

草姿がコンパクトで密植に適し、花数が多いために30〜40gの小さめの果実を多数収穫することが可能茎の伸長が停止する心止まり性であるため、手間のかかる芽かき作業が不要である。

果実の柄の部分に節がないジョイントレス性を持つため、収穫時にヘタが樹側に残り、ハサミを使わない省力的なヘタなし収穫が可能である。生産者や流通販売業者の間ではトマトにヘタは必須だといわれているが、消費者はヘタの有無をそれほど気にしておらず、省力栽培と低価格販売を実現するためには、今後「すずこま」のようなジョイントレスによるヘタなし出荷が重要になると考え、新たな品種を開発した。

※ 詳細は東北農業研究センターのサイトをご参照下さい。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  2. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  3. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  4. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  5. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  8. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  2. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  3. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  4. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
ページ上部へ戻る