デザイン重視による壁面緑化ブランドの拡大・3割安の軽量型新製品の販売をスタート(東邦レオ)

屋上緑化・壁面緑化資材の開発・販売を手掛ける東邦レオは、商業施設・オフィスビル・工場などを対象に、意匠重視型の壁面緑化工法「グリーンファサード・ピクセル」ブランドの販売強化を実施。3割安の低コスト製品を新たに開発し9月16日より、リニューアル発売を開始した。以下、同社によるプレスリリース<日経プレス>を掲載する。

デザイン重視の壁面緑化工法「グリーンファサード・ピクセル」ブランドを販売
「意匠重視系」壁面緑化をバージョンアップ・設置直後から高い意匠性を維持する壁面緑化ブランドの拡大戦略・3割安の軽量型新製品「グリーンファサード・ピクセルライト」を市場投入開始
 
照り返しによる熱影響を防ぎ、施設の顔となる外壁を緑で彩る壁面緑化。愛・地球博(平成17年)における世界最大規模の壁面緑化「バイオラング」の登場以降、国内で急速にニーズが高まりました。先月末、国土交通省では平成22年全国屋上・壁面緑化施工実績調査結果において、平成12年から22年までの11年間で壁面緑化が39.4ヘクタールも整備されていると発表しています。
 
東邦レオでは設置と同時に壁面を緑で彩るユニットパネル式の壁面緑化システムを平成12年に市場投入。現場で培ったノウハウと社内樹木医の見識をもとにさらなる開発を推進してきました。平成20年には導入直後から緑量を確保し、高い意匠性を実現できる壁面緑化工法「グリーンファサード・ピクセル」を発売開始。

植物を植えつけた「ピクセルポット」を1平方メートルに44個と高密度に設置することで自由なデザインを演出できること、そして取り外しがしやすく季節ごとにレイアウトが変更できる点が好評で、現在までに5億円を超える売上を達成しています。
 
しかし壁面緑化の認知が広がるなかで、施設の主要壁面(ファサード)だけでなく、施設の側面や駐車場、工場・倉庫などへと導入場所が広がり、目的も多岐に渡るようになりました。そこで意匠性の高さとコストバランスを選択できるように、グリーンファサード・ピクセルを「ハイグレードタイプ」と「ライトタイプ」に分類。葉に広がりのある植物を中心に限定調達し、かつ利用個数を1平方メートル当り25個とすることで低コスト化を実現した「グリーンファサード・ピクセルライト」を新たに開発し、9月16日より市場投入いたします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  2. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  3. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  4. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  5. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  6. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  7. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  8. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  9. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  10. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  2. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  3. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る