デザイン重視による壁面緑化ブランドの拡大・3割安の軽量型新製品の販売をスタート(東邦レオ)

屋上緑化・壁面緑化資材の開発・販売を手掛ける東邦レオは、商業施設・オフィスビル・工場などを対象に、意匠重視型の壁面緑化工法「グリーンファサード・ピクセル」ブランドの販売強化を実施。3割安の低コスト製品を新たに開発し9月16日より、リニューアル発売を開始した。以下、同社によるプレスリリース<日経プレス>を掲載する。

デザイン重視の壁面緑化工法「グリーンファサード・ピクセル」ブランドを販売
「意匠重視系」壁面緑化をバージョンアップ・設置直後から高い意匠性を維持する壁面緑化ブランドの拡大戦略・3割安の軽量型新製品「グリーンファサード・ピクセルライト」を市場投入開始
 
照り返しによる熱影響を防ぎ、施設の顔となる外壁を緑で彩る壁面緑化。愛・地球博(平成17年)における世界最大規模の壁面緑化「バイオラング」の登場以降、国内で急速にニーズが高まりました。先月末、国土交通省では平成22年全国屋上・壁面緑化施工実績調査結果において、平成12年から22年までの11年間で壁面緑化が39.4ヘクタールも整備されていると発表しています。
 
東邦レオでは設置と同時に壁面を緑で彩るユニットパネル式の壁面緑化システムを平成12年に市場投入。現場で培ったノウハウと社内樹木医の見識をもとにさらなる開発を推進してきました。平成20年には導入直後から緑量を確保し、高い意匠性を実現できる壁面緑化工法「グリーンファサード・ピクセル」を発売開始。

植物を植えつけた「ピクセルポット」を1平方メートルに44個と高密度に設置することで自由なデザインを演出できること、そして取り外しがしやすく季節ごとにレイアウトが変更できる点が好評で、現在までに5億円を超える売上を達成しています。
 
しかし壁面緑化の認知が広がるなかで、施設の主要壁面(ファサード)だけでなく、施設の側面や駐車場、工場・倉庫などへと導入場所が広がり、目的も多岐に渡るようになりました。そこで意匠性の高さとコストバランスを選択できるように、グリーンファサード・ピクセルを「ハイグレードタイプ」と「ライトタイプ」に分類。葉に広がりのある植物を中心に限定調達し、かつ利用個数を1平方メートル当り25個とすることで低コスト化を実現した「グリーンファサード・ピクセルライト」を新たに開発し、9月16日より市場投入いたします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  2. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  3. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  4. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  5. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  2. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  3. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  4. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
ページ上部へ戻る