小菊の栽培に取り組む岩手日建工業、彼岸需要に向け収穫。今年度は250万円を見込み、視野拡大も視野に入れながら5年後の黒字化を目指す

建設業・岩手日建工業は、今年から新たに農業分野に参入し小菊栽培に取り組んでいる。県の2011年度「やるなら農業いわて企業参入支援事業」を活用し、初年度は北上市相去町地内の圃場(ほじょう)50アールで栽培し、現在は秋彼岸向けの収穫作業が本格化している。同社では規模拡大なども視野に入れ、5年間での黒字化を目指す
 

<同社WEBサイトより>

 
同社の常務取締役によると、近年の公共事業削減などの影響で売り上げや利益率も厳しくなる中で、従業員の活用と雇用確保につなげる観点から農業参入を検討。植えた年に収穫できるなどのメリットもあり、同地域で推奨されている小菊に着目し、同社役員所有の転作地を造成して栽培を開始した。

企業の農業参入や雇用創出などを支援する県の今年度「やるなら農業いわて企業参入支援事業」を活用。担当として正社員4人(うち2人は新規採用)を配置したほか、パート8人を採用。農協などの指導を受けながら盆時期・彼岸需要を見込み、8〜9月時期収穫の18品種を栽培。盆時期には初の出荷にもこぎ着けた。同社によると「初めての取り組みでノウハウがまだできておらず、ランクの高い規格があまり取れなかったり、選花や出荷作業が追い付かなくなる部分もあった」と語っている。
 
 
9月からは彼岸需要に向けた収穫が始まっており、12日も社員が花の状況などを確認しながら、収穫時期を迎えた小菊を丁寧に摘み取っていた。今年度の売上額は250万円を見込んでいるほか、12年度は栽培面積を新たに1ヘクタール拡大し、目標売上額は1000万円を目指す。将来的には小菊以外の花卉(かき)類の栽培も検討していく。<参考:岩手日日新聞より> 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  2. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  3. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  4. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  5. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  6. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  7. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  10. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る