小菊の栽培に取り組む岩手日建工業、彼岸需要に向け収穫。今年度は250万円を見込み、視野拡大も視野に入れながら5年後の黒字化を目指す

建設業・岩手日建工業は、今年から新たに農業分野に参入し小菊栽培に取り組んでいる。県の2011年度「やるなら農業いわて企業参入支援事業」を活用し、初年度は北上市相去町地内の圃場(ほじょう)50アールで栽培し、現在は秋彼岸向けの収穫作業が本格化している。同社では規模拡大なども視野に入れ、5年間での黒字化を目指す
 

<同社WEBサイトより>

 
同社の常務取締役によると、近年の公共事業削減などの影響で売り上げや利益率も厳しくなる中で、従業員の活用と雇用確保につなげる観点から農業参入を検討。植えた年に収穫できるなどのメリットもあり、同地域で推奨されている小菊に着目し、同社役員所有の転作地を造成して栽培を開始した。

企業の農業参入や雇用創出などを支援する県の今年度「やるなら農業いわて企業参入支援事業」を活用。担当として正社員4人(うち2人は新規採用)を配置したほか、パート8人を採用。農協などの指導を受けながら盆時期・彼岸需要を見込み、8〜9月時期収穫の18品種を栽培。盆時期には初の出荷にもこぎ着けた。同社によると「初めての取り組みでノウハウがまだできておらず、ランクの高い規格があまり取れなかったり、選花や出荷作業が追い付かなくなる部分もあった」と語っている。
 
 
9月からは彼岸需要に向けた収穫が始まっており、12日も社員が花の状況などを確認しながら、収穫時期を迎えた小菊を丁寧に摘み取っていた。今年度の売上額は250万円を見込んでいるほか、12年度は栽培面積を新たに1ヘクタール拡大し、目標売上額は1000万円を目指す。将来的には小菊以外の花卉(かき)類の栽培も検討していく。<参考:岩手日日新聞より> 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  2. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  5. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  6. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  7. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  8. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  10. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  2. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  3. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  4. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
ページ上部へ戻る