餃子店に植物工場を導入・店産店消をコンセプトに、植物工場野菜を利用した新餃子の開発<リバネス・フタバ食品>

地域開発事業として飲食店への植物工場導入やリース事業を展開する株式会社リバネスは、栃木県宇都宮市にオープンしたばかりの餃子店「豚嘻嘻(とんきっき)」に植物工場を導入する。「豚嘻嘻(とんきっき)」は、乳製品や中華まんじゅう等の製造・販売ならびにレストラン経営を行うフタバ食品株式会社(本社:栃木県宇都宮市)が、今年7月15日にオープンした店舗である。<写真はフタバ食品HPより>
 

 
店舗入り口に配置し、水耕栽培を用いて無農薬でレタスなどを栽培。野菜が生育する様子を見ながら餃子を楽しむことができる。また、植物工場の導入とともに、「店産店消」をコンセプトに、店内で生産した植物工場産野菜を使った新餃子の開発にも乗り出す計画。餃子店への植物工場の導入は世界初の試みであり、また店産店消の事例としても栃木県下で初。非常に面白い取り組みである。