遊休工場施設の有効活用・農商工の連携による地域活性化を目的に、LEDコンテナ型植物工場の試験運用を開始<三協立山アルミ>

三協・立山ホールディングス傘下の三協立山アルミ(富山県高岡市)は、発光ダイオード(LED)照明による植物栽培設備を導入、運用を始めた。レタスなどの葉物野菜が年間約6トン生産できる見込みで、同社グループ工場を含め約3千人が利用する社員食堂で消費する。導入したのは植物工場コンテナ「ベジタブレット詳細記事)」。装置1基内部で種まきから育苗、生育、収穫までの全工程を実施することができ、年26回のサイクルで効率的に生産する方式も実証済みである
 
 
同社は遊休工場施設の活用策の一環として導入、今回は約16平方メートルの設備1基を工場内に置いた。レタス、サンチュなど5種類を栽培、収穫が軌道に乗れば社員食堂の消費分を全量まかなえる見通し。「野菜生産が全国一少ない富山県で野菜の地産地消に新たな形で取り組みたい」(同HD広報・IR部)と狙いを説明する。以下では同社のプレスリリースを掲載しておく。
 

地場産業の活性化と遊休施設の有効利用を目指し「完全人工光(LED)型 植物設備」の試験運用を開始

三協立山アルミは、人工光(LED)による水耕栽培型植物設備※(株式会社ifD製 本社:富山県富山市)を導入し、2011年9月より試験運用を開始します。今回の設備導入によりレタス等の葉物野菜が年間約6トン栽培可能となり、当社グループの社員食堂で消費いたします。(※今回導入設備は株式会社ifD製の総面積約5坪の専用ユニット)
 
なお、今回の試験運用につきましては、「農商工の連携による地域活性化」の一環として、また「遊休工場施設の有効活用」を目的としております。また、富山県においては全国有数の米どころではありますが、野菜生産量は全国一少ない県であり、安定した野菜の供給を行うことで県内での『地産地消』に先鞭をつけ、試験運用を開始いたします。
 
本年は、設備の導入、栽培技術の習得、自社内(社員食堂)での消費を実施し『安全・安心』な野菜栽培の基礎を確立いたします。栽培品目は「フリルアイス・ハンサムグリーン・ロメインレタス・サンチュ・サニーレタス」の5種類を計画しております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  3. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  4. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  5. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  6. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  7. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  10. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  2. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
ページ上部へ戻る