使用エネルギー削減・低炭素を実現する持続可能な低コスト型植物工場の実証実験<光ダクト、バガス炭などを利用、沖縄デージファーム>

コンピューターや通信技術などのICTを駆使して植物工場の生産性を高める「沖縄デージファーム詳細記事)では、NPO亜熱帯バイオマス利用研究センターを中心に、有識者や企業、自治体関係者でつくる沖縄デージファーム協議会をつくり、様々な実証実験を行っている。7日に開催された植物工場ICT事業総括シンポジウムでは、琉球大学の上野正実(NPO亜熱帯バイオマス利用研究センター理事長)、川満芳信、近藤義和教授らが沖縄の気候風土に合った低コスト型植物工場の研究成果を発表した
 
 
シンポジウムでは、エネルギーコストを下げるために太陽の光を室内に取り込む「光ダクト」サトウキビの搾りかすでできた「バガス炭」を利用した集熱システムによる冷房稼働について発表。川満教授は「冷房や除湿に必要なエネルギーをいかに低コスト、低炭素で生み出すかが沖縄の植物工場の課題」と指摘する。
 
光ダクトは、表面処理鋼鈑や機能材料などの製造・販売を手掛ける東洋鋼鈑との共同研究。太陽光から植物の光合成に必要な波長(400〜700ナノメートル)だけを透過させ、熱や紫外線などを通さない特殊な鋼鈑を利用。光を取り込む角度などを工夫し、電力を使わずレタス栽培に成功した。
 

<写真:東洋鋼鈑社の光ダクトを利用した教育施設,緑の教育館より>

 

一方、サトウキビの搾りかすでできた「バガス炭化物」を利用した集熱システムでは、バガスにある微多孔が太陽光を効率的に吸収して熱に変換する特性に着目。集めた熱で冷房を稼働させる仕組みを開発した
 
 
植物工場は蛍光灯やLEDが放出する熱の冷却にコストが掛かることが難点。光ダクトで外部からの熱を極力抑え、冷却に必要なエネルギーにバイオマスなどを活用することで、運営費用の大幅削減が期待できるとした。バガス炭は培地として利用した場合でも植物の成長を促進する効果があるという。川満教授はバガスに含まれるミネラル成分の効果とみている。教授らはほかに、ニガリを使った液肥の効果や、廃液の出ない噴霧栽培の方法などを研究しており、持続可能な低コストのシステムを構築し、実用化を目指している。
 
また、上野教授は空き店舗などに植物工場を導入し、高齢者など社会的弱者が主体的に関われる総合的な運営・管理の仕組みを提案。インターネットのeラーニングで工場管理などの実務を学ぶ人材育成にも取り組むことを紹介した。<参考:沖縄タイムスより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  2. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  3. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  4. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  5. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  6. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  9. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
  2. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  3. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  4. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
ページ上部へ戻る