使用エネルギー削減・低炭素を実現する持続可能な低コスト型植物工場の実証実験<光ダクト、バガス炭などを利用、沖縄デージファーム>

コンピューターや通信技術などのICTを駆使して植物工場の生産性を高める「沖縄デージファーム詳細記事)では、NPO亜熱帯バイオマス利用研究センターを中心に、有識者や企業、自治体関係者でつくる沖縄デージファーム協議会をつくり、様々な実証実験を行っている。7日に開催された植物工場ICT事業総括シンポジウムでは、琉球大学の上野正実(NPO亜熱帯バイオマス利用研究センター理事長)、川満芳信、近藤義和教授らが沖縄の気候風土に合った低コスト型植物工場の研究成果を発表した
 
 
シンポジウムでは、エネルギーコストを下げるために太陽の光を室内に取り込む「光ダクト」サトウキビの搾りかすでできた「バガス炭」を利用した集熱システムによる冷房稼働について発表。川満教授は「冷房や除湿に必要なエネルギーをいかに低コスト、低炭素で生み出すかが沖縄の植物工場の課題」と指摘する。
 
光ダクトは、表面処理鋼鈑や機能材料などの製造・販売を手掛ける東洋鋼鈑との共同研究。太陽光から植物の光合成に必要な波長(400〜700ナノメートル)だけを透過させ、熱や紫外線などを通さない特殊な鋼鈑を利用。光を取り込む角度などを工夫し、電力を使わずレタス栽培に成功した。
 

<写真:東洋鋼鈑社の光ダクトを利用した教育施設,緑の教育館より>

 

一方、サトウキビの搾りかすでできた「バガス炭化物」を利用した集熱システムでは、バガスにある微多孔が太陽光を効率的に吸収して熱に変換する特性に着目。集めた熱で冷房を稼働させる仕組みを開発した
 
 
植物工場は蛍光灯やLEDが放出する熱の冷却にコストが掛かることが難点。光ダクトで外部からの熱を極力抑え、冷却に必要なエネルギーにバイオマスなどを活用することで、運営費用の大幅削減が期待できるとした。バガス炭は培地として利用した場合でも植物の成長を促進する効果があるという。川満教授はバガスに含まれるミネラル成分の効果とみている。教授らはほかに、ニガリを使った液肥の効果や、廃液の出ない噴霧栽培の方法などを研究しており、持続可能な低コストのシステムを構築し、実用化を目指している。
 
また、上野教授は空き店舗などに植物工場を導入し、高齢者など社会的弱者が主体的に関われる総合的な運営・管理の仕組みを提案。インターネットのeラーニングで工場管理などの実務を学ぶ人材育成にも取り組むことを紹介した。<参考:沖縄タイムスより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  2. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  9. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  10. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  2. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  3. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
ページ上部へ戻る