大手私鉄である近畿日本鉄道も自社・遊休地にて農業参入。傘下食品スーパーでの販売、観光農園の運営も計画

鉄道関連企業では、以前にもJR九州JR東海グループなどの農業参入記事をご紹介したが、大手私鉄である近畿日本鉄道も農業ビジネスへ進出する計画。沿線に広がる自社の遊休地を活用して農産物を生産し、収穫した野菜や果物を傘下の食品スーパーなどで販売する奈良県と三重県で候補地を選び、2012年中の事業化を目指す。また観光農園としても運営し、旅客を誘致する
 
 
大手私鉄が農業ビジネスに本格進出するのは初めて。排水施設など必要な設備を導入するために地元の自治体と協議に入る。新たに農業生産法人を立ち上げることや、建物の中で人工光や養液を使って効率的に栽培する「植物工場」の運営に乗り出すことも検討している。収穫した野菜や果物は近商ストア(大阪府松原市)など系列の食品スーパーで扱うほか、グループで運営するホテルやレストランでも提供する。漬物やジュース、ジャムなど加工品の販売も手掛ける方針。 
 
 
その他の選択肢としては、耕作していない土地を沿線の農家から借りて受託生産することも検討している。沿線には、工場や住宅地向けに造成したが空き地となっている土地が多い。観光農園や体験農園として開放し、旅客の誘致にも力を入れる、という。JRでは、例えばJR東海グループであるジェイアール東海商事の農地リース方式による水耕栽培や同グループ会社である飛騨森林都市企画によるトウモロコシ(タカネコーン)や飛騨ホウレンソウの生産など、農業分野への積極的な姿勢がうかがえる。今回の近畿日本鉄道も、どのような施設・事業モデルで参入していくのか、今後の展開を継続的にお伝えしたい。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  2. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  9. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  2. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
ページ上部へ戻る