通信工事のピープルが温泉熱を利用したマンゴー栽培/釧路臨港埠頭運輸の水耕栽培など、釧路市では様々な業種からの農業参入あり

北海道・釧路市内に拠点を置く通信工事のピープルは9月1日、弟子屈町に農業生産法人「ピープル・ファーム」を設立、マンゴーなどの果物栽培に乗り出す。資本金は500万円。村田社長が70%、ピープルが24%、さらに3人が2%ずつ出資する。約3万3000平方メートルの農場予定地は牧場跡地で、セ氏80度の温泉の泉源があり、ビニールハウス内の温度管理に温泉熱を生かす
 
 
9月中にまずハウス5棟を着工、マンゴーの苗が届く11月までに完成させる。来年4月からさらに18棟を建設。イチジクやメロンなども栽培する。投資額は約3億円を見込み、3年後には7000万〜8000万円の売り上げを目指す
 
 
また、別企業では釧路臨港埠頭運輸が6月末から、市内のビニールハウスでコマツナなど葉物野菜の水耕栽培を始めた。現在は試験段階だが、8月末までにさらにハウス2棟を完成させる。来年度には計6棟まで増やし、シロナ、ホウレンソウ、水菜も栽培する計画。投資額は数千万円で、すでに市内の市場に「霧活菜」のブランド名で出荷している。
 
 
同社は太平洋興発のグループ企業で、2002年の太平洋炭鉱閉山後、市内に多く残る遊休地の活用がグループの課題の一つになっている。今回の農場の約6400平方メートルの敷地は太平洋興発から借り受けた。社員の退職後の新たな雇用の受け皿にする狙いもある。この他にも、燃料・建材卸などを手掛ける三ッ輪商会は養豚事業への参入準備を進めており、今後も北海道・釧路市では様々な業種からの農業参入が予想される。<参考:日本経済新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  2. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  3. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  4. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  5. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  6. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  7. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  8. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  2. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  3. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  4. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
ページ上部へ戻る