液晶画面バックライトに利用するCCFL(冷陰極管)に空気中の浮遊菌・付着菌を滅菌する機能を/植物工場や電照キク専用ライトも開発中<OMJP株式会社>

液晶テレビや電子部品などの製造機器をつくるOMJP株式会社では、殺菌・脱臭効果のある省エネライト「美らライト殺菌」を開発・発売した。電球面に塗布した二酸化チタンと微細な銀粒子(ナノシルバー)に光を当て空気中の浮遊菌や付着菌を滅菌する県庁で会見した矢野社長は「ホテル客室や病院、保育園など清潔に保ちたい場所やにおいの気になる場所での導入を勧めたい」とアピール。県内での導入実績を増やし、国内外に発信していく方針である。
 
 
美らライトは液晶画面の背面光源に利用されているCCFL(冷陰極管)を使用。昨年12月に発売した商品に殺菌作用の付加価値を新たに加えた。空気中の浮遊菌を4時間の点灯で100%減少させるなどの殺菌効果が、スイスに本拠を置く世界最大級の確認検査機関SGSで確認されたという。
 
 
LEDの光が限られた範囲にしか届かないのに対し、美らライトは配光300度以上で広範囲を明るく照らす。1日8時間使用で10年間交換不要など省エネ効果はLEDと変わらない。価格は同じ明るさのLED商品より2〜3割安い2900円、初年度5000万円の売り上げを目指す
 
 
開発・販売には、バイオや環境など沖縄の重点産業分野における新製品開発を支援する県産業振興公社OKINAWA型産業応援ファンド事業で1000万円の助成を受けた。商品設計・開発は県内で行い、現在は台湾の協力会社が製造している。矢野社長は「生産数量が増えれば県内で製造し、沖縄の産業育成につなげたい」と意気込みを語った。地域の電気店で販売を始め、量販店や代理店にも拡大する方針。同社は植物工場や電照キク専用のライトも開発中。芽を早く伸ばしたり、成長時期を調整できる製品で新たな市場開拓を目指す。<参考:沖縄タイムスより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  2. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  5. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  6. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  7. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  8. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  9. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  10. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る