米国・NYにおける屋上を活用したアーバンファーム事例の増加/不動産開発企業や現地NPO、レストランオーナーが連携した本格的な事業展開も

前回のレポートでもご紹介したが、ニューヨーク(NY)ではいくつかの本格的な屋上ファームが稼働している。今回、ご紹介するRiverparkファームもその一つ。何も使用されていなかったスペースを活用し、数ヶ月間で巨大な屋上アーバンファームを完成させている。本ファームはNY・マンハッタンの巨大タワー群の中にあり、NY市民からも注目を集めている建物となっている。
 

 
NYには、地産地消(店産店消)を実現するためにレストランのある高層タワーの屋上内で栽培する事例が多いが、本ファームのように巨大な敷地で栽培する事例はない。例えば、キュウリだけの収穫量でも、平均して1日20〜40kgを収穫することができる
  
現時点では、栽培を開始してから1カ月程であり、トマト、ニンジン、キュウリ、レタス、ハーブなどの様々な野菜6000株程を栽培しており、既に周辺のレストランにも供給している。あくまで、本ファームは一時的な栽培場所であり、2012年の秋には近くの高層タワー屋上に移動する予定である。屋上では土を入れた木製の箱で栽培しており、自由に持ち運びが可能な方式を採用している。よって、季節によって日光が当たる場所に移動することもでき、発芽・育苗は都市近郊ファームにて実施すれば、収穫サイクルの短縮にもなる。
 

<今回のRiverparkファームにも、建物内にはレストランがある>

 
このように建物やレストランのオーナー、不動産開発会社、さらにはNYでのアーバンファームを推進するNPO団体(GrowNYCなどが連携しながら、事業として本格展開する事例が増えている。地産地消やファーマーズマーケットを支持する消費者が現地には多く、建物内のレストランやその他の施設の集客増にも、しっかり結びついているようだ