会員制戸別宅配事業のらでぃっしゅぼーや、ローソンとの合弁会社を設立/生鮮コンビニ・ローソンストア100、ローソンファームの積極的な事業拡大へ

会員制戸別宅配事業を展開し、現在では会員数が10万人を超えるらでぃっしゅぼーや株式会社は、株式会社ローソンと合弁会社を設立する。詳細は協議中であるが、らでぃっしゅぼーやからのプレスリリースが発表されたので、一部を記載しておく。
 

らでぃっしゅぼーや、ローソンとの合弁会社を設立・株式会社ローソンとの合弁会社設立に関するお知らせ

当社は、平成23年8月12日開催の当社取締役会において、株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:新浪剛史、東証1部上場、銘柄コード:2651、以下「ローソン」という)との間で、合弁会社の設立に関する基本合意に達し、合弁会社を設立することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
 
合弁会社設立の理由
当社は、「有機・低農薬農産物の生産・消費の輪を広めることは、環境保全活動の一環」という考え方に基づき、昭和63年に会員制戸別宅配事業を開始いたしました。そして、平成21年9月には、有機・低農薬野菜宅配のトップブランドとして会員数10万人を突破し、自然派宅配の分野では、わが国最大級の会員数を誇る戸別宅配企業に大きく成長してまいりました。
 
一方、ローソンは、「私たちは“みんなと暮らすマチ”を幸せにします。」という企業理念のもと、お客様に合わせた、より便利な店舗・サービスをご提供することに挑戦しています。少子高齢化や少人数世帯の増加など社会環境の変化に対応するため、平成17年から青果や家庭用品を充実させた生鮮コンビニ(ローソンストア100、ローソンプラス)を展開し、平成22年からは農業法人ローソンファーム千葉を皮切りに各地にローソンファームを設立し野菜の生産にも取り組んでいます

これにより主婦層やシニア層のお客様のご利用が増加しています。この両社の戦略や施策を実現するため、合弁会社を設立し、積極的に事業拡大を目指していくことといたしました。<詳細情報:日経プレスリリースより>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  3. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  6. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  7. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  8. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  10. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
ページ上部へ戻る