会員制戸別宅配事業のらでぃっしゅぼーや、ローソンとの合弁会社を設立/生鮮コンビニ・ローソンストア100、ローソンファームの積極的な事業拡大へ

会員制戸別宅配事業を展開し、現在では会員数が10万人を超えるらでぃっしゅぼーや株式会社は、株式会社ローソンと合弁会社を設立する。詳細は協議中であるが、らでぃっしゅぼーやからのプレスリリースが発表されたので、一部を記載しておく。
 

らでぃっしゅぼーや、ローソンとの合弁会社を設立・株式会社ローソンとの合弁会社設立に関するお知らせ

当社は、平成23年8月12日開催の当社取締役会において、株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:新浪剛史、東証1部上場、銘柄コード:2651、以下「ローソン」という)との間で、合弁会社の設立に関する基本合意に達し、合弁会社を設立することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
 
合弁会社設立の理由
当社は、「有機・低農薬農産物の生産・消費の輪を広めることは、環境保全活動の一環」という考え方に基づき、昭和63年に会員制戸別宅配事業を開始いたしました。そして、平成21年9月には、有機・低農薬野菜宅配のトップブランドとして会員数10万人を突破し、自然派宅配の分野では、わが国最大級の会員数を誇る戸別宅配企業に大きく成長してまいりました。
 
一方、ローソンは、「私たちは“みんなと暮らすマチ”を幸せにします。」という企業理念のもと、お客様に合わせた、より便利な店舗・サービスをご提供することに挑戦しています。少子高齢化や少人数世帯の増加など社会環境の変化に対応するため、平成17年から青果や家庭用品を充実させた生鮮コンビニ(ローソンストア100、ローソンプラス)を展開し、平成22年からは農業法人ローソンファーム千葉を皮切りに各地にローソンファームを設立し野菜の生産にも取り組んでいます

これにより主婦層やシニア層のお客様のご利用が増加しています。この両社の戦略や施策を実現するため、合弁会社を設立し、積極的に事業拡大を目指していくことといたしました。<詳細情報:日経プレスリリースより>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  2. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  3. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  4. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  6. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  7. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  8. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  3. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  4. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
ページ上部へ戻る