アグロ・イノベーション2011(11月30日〜12月2日)のお知らせ<日本能率協会>/施設園芸や植物工場・農業6次産業化を推進する展示会

社団法人日本能率協会では、2011年11月30日から12月2日の3日間、千葉県の幕張メッセを会場に、「アグロ・イノベーション2011」を開催いたします。この展示会は、1986年に「施設園芸技術展」として開催され、以来、一貫して植物工場を中心に農業に焦点を当て続けている展示会です。以下、ご案内となります。
 
 
本展示会の出展製品は、品種や栽培施設、関連資材などを中心に、「農業の6次産業化」を踏まえて、産地加工向けの選別機や洗浄機、包装機器や包材などが展示されます。また、農林水産省主催の「アグリビジネス創出フェアと同時開催、相互入場を実施することで、産学連携を図り、農業の振興を目指します
 

アグロ・イノベーション2011 開催概要
■会期:2011年11月30日(水)〜12月2日(金) 9:30〜16:30
■会場:幕張メッセ
■主催:社団法人日本能率協会
■企画主体:アグロ・イノベーション組織委員会
■学術共催:日本農学会 全国農学系学部長会議(申請中、順不同)
■展示規模:200社/400小間(予定)
■入場予定者数:35,000名
■企業出展申込締切日:2011年8月26日(金)
 
<出展ゾーン>
【農業・園芸生産技術展】

種子・種苗・生産物、耕うん・整地用機械、育苗・定植用資機材、生産・栽培施設・資材、収穫・調整・産地加工用資機材、肥料・農薬・植物活性剤、環境配慮型製品、GAP関連製品・サービス

【青果物流通・加工技術展】
農産加工用機器・資材、包装機器・包材、物流機器、店舗用什器・資材

【生産・農産向け情報技術コーナー】
圃場用情報機器・システム、農産加工・流通向け機器・システム、各ソフトウェア

【農業参入受入自治体コーナー】
農業参入可能区域を有する自治体等

【展示即売コーナー】
刃物類、除草器具類、省力化農作業用品、衣類、作業靴、作業安全用品・用具

【おこめパビリオン】
耕うん・整地用機械、育苗・定植用資機材、栽培管理資機材、収穫機、
農産加工用機器・資材

【省エネ・創エネパビリオン】
照明器具、温度環境制御機器、創エネ関連システム

【食の安全パビリオン】
農産加工機器、計測・検査・分析機器、情報管理機、団体
 
***************
【本件に関する問い合わせ、ご連絡は下記まで】
アグロ・イノベーション事務局
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
(社)日本能率協会 産業振興事業ユニット内
TEL:03-3434-1988 / FAX:03-3434-8076
e-mail : ai-e[@]jma.or.jp ( [ ] カッコをはずしてご連絡下さい)
アグロ・イノベーション2011: http://www.jma.or.jp/ai

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  2. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  3. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  4. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  7. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  8. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  9. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  4. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
ページ上部へ戻る