塩分を加えた低段密植栽培にてトマトを生産・1ヘクタールの水耕施設、6月末よりトマト初出荷(サニープレイスファーム)

株式会社上組グループの大分港運が中核となり設立した農業生産法人サニープレイスファームは今年4月に、トマト栽培施設を竣工させ、6月末に初出荷をむかえている。農業用地を借りて整備した施設は約1ヘクタールで、本年度中にさらに約0.8ヘクタールを整備する予定。また、養液中に塩分を加えて作物にストレスを与え、糖度を上げる技術を用いている。こうした栽培方法により、通常は糖度5度のところを8〜10度の甘いトマトを作ることができ、「塩熟トマト朱々(しゅしゅ)」という名前で商標登録を申請、ブランド化を目指す計画。
 

写真:<パノラマ風景写真で観光する大分県より>

 
施設ではトマトを一段密植で栽培。初出荷トマトは3月下旬に種まきを行ったもので、早い場合は70日、季節によっては130日ほどで収穫が可能。普通のトマトは一株に何段も身を付けるが、一段密植は1株に一段の花房なので、栄養がまんべんなくいきわたり、糖度(8〜10度)が均一になる、という。以下、同社の設立時のプレスリリースを掲載しておく。

株式会社サニープレイスファームのトマト栽培施設竣工式について

株式会社上組グループの大分港運株式会社(本社:大分県大分市、代表取締役社長:稲田一夫)が中核となり設立した農業生産法人、株式会社サニープレイスファーム(本社:大分県佐伯市、代表取締役社長:稲田一夫)では、建設を進めてまいりましたトマト栽培施設の竣工式を下記のとおり執り行うこととなりました。
 
当該施設では、「低段密植栽培方式」による高糖度トマトの大規模栽培を行い、大分県および佐伯市の地域の方々と協調して、このトマトを全国ブランドに育ててまいりたいと考えております。この度竣工を迎えますのは栽培施設の一部であり、本年7月には関東・中部・関西地区などに初回出荷を行う予定です。
 
今後は、当該事業により得られた栽培技術や農業経営技術を地域に還元し、地域農業の活性化、就農者の育成などに取り組み、上組グループの発展とともに、地域社会への貢献を行ってまいります。なお、トマトの販売については、上組グループのインターネット・ショッピングサイトFullshop(http://www.fullshop.ne.jp/)でも取り扱う予定といたしております。
 
【竣 工 式】
1. 日 時 平成23 年4 月19 日(火) 午前11 時30 分より
2. 場 所 大分県佐伯市女島7589 番地2
株式会社サニープレイスファーム 農場
 
【株式会社サニープレイスファームおよび竣工施設の概要】
1. 社 名 農業生産法人 株式会社サニープレイスファーム
2. 本店所在地 大分県佐伯市東町7 番21 号
3. 代 表 者 代表取締役社長 稲田 一夫
(大分港運株式会社 代表取締役社長)
3. 資 本 金 3,000 千円
4. 竣工施設 低段密植トマト栽培施設
5. 施設規模 第一期 約1.1ha、第二期 約0.7ha
※第二期施設については当期中の竣工予定
6. 竣工式に係るお問い合せ先
大分港運株式会社(担当:藤沢) TEL:097‐558‐9611

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  4. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  5. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  10. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  3. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  4. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
ページ上部へ戻る