塩分を加えた低段密植栽培にてトマトを生産・1ヘクタールの水耕施設、6月末よりトマト初出荷(サニープレイスファーム)

株式会社上組グループの大分港運が中核となり設立した農業生産法人サニープレイスファームは今年4月に、トマト栽培施設を竣工させ、6月末に初出荷をむかえている。農業用地を借りて整備した施設は約1ヘクタールで、本年度中にさらに約0.8ヘクタールを整備する予定。また、養液中に塩分を加えて作物にストレスを与え、糖度を上げる技術を用いている。こうした栽培方法により、通常は糖度5度のところを8〜10度の甘いトマトを作ることができ、「塩熟トマト朱々(しゅしゅ)」という名前で商標登録を申請、ブランド化を目指す計画。
 

写真:<パノラマ風景写真で観光する大分県より>

 
施設ではトマトを一段密植で栽培。初出荷トマトは3月下旬に種まきを行ったもので、早い場合は70日、季節によっては130日ほどで収穫が可能。普通のトマトは一株に何段も身を付けるが、一段密植は1株に一段の花房なので、栄養がまんべんなくいきわたり、糖度(8〜10度)が均一になる、という。以下、同社の設立時のプレスリリースを掲載しておく。

株式会社サニープレイスファームのトマト栽培施設竣工式について

株式会社上組グループの大分港運株式会社(本社:大分県大分市、代表取締役社長:稲田一夫)が中核となり設立した農業生産法人、株式会社サニープレイスファーム(本社:大分県佐伯市、代表取締役社長:稲田一夫)では、建設を進めてまいりましたトマト栽培施設の竣工式を下記のとおり執り行うこととなりました。
 
当該施設では、「低段密植栽培方式」による高糖度トマトの大規模栽培を行い、大分県および佐伯市の地域の方々と協調して、このトマトを全国ブランドに育ててまいりたいと考えております。この度竣工を迎えますのは栽培施設の一部であり、本年7月には関東・中部・関西地区などに初回出荷を行う予定です。
 
今後は、当該事業により得られた栽培技術や農業経営技術を地域に還元し、地域農業の活性化、就農者の育成などに取り組み、上組グループの発展とともに、地域社会への貢献を行ってまいります。なお、トマトの販売については、上組グループのインターネット・ショッピングサイトFullshop(http://www.fullshop.ne.jp/)でも取り扱う予定といたしております。
 
【竣 工 式】
1. 日 時 平成23 年4 月19 日(火) 午前11 時30 分より
2. 場 所 大分県佐伯市女島7589 番地2
株式会社サニープレイスファーム 農場
 
【株式会社サニープレイスファームおよび竣工施設の概要】
1. 社 名 農業生産法人 株式会社サニープレイスファーム
2. 本店所在地 大分県佐伯市東町7 番21 号
3. 代 表 者 代表取締役社長 稲田 一夫
(大分港運株式会社 代表取締役社長)
3. 資 本 金 3,000 千円
4. 竣工施設 低段密植トマト栽培施設
5. 施設規模 第一期 約1.1ha、第二期 約0.7ha
※第二期施設については当期中の竣工予定
6. 竣工式に係るお問い合せ先
大分港運株式会社(担当:藤沢) TEL:097‐558‐9611

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  4. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  8. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  9. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  10. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  3. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  4. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
ページ上部へ戻る