店産店消モデルの小型植物工場をアジアへ展開<リバネス>/第一弾はシンガポール・サイエンスフェスティバルにて展示(教育関連イベントへの技術アピール)

株式会社リバネスは、ベニックス株式会社と共同開発した「店産店消」モデルの小型植物工場をアジアへ展開する。その第一弾として、シンガポールにおける植物工場導入支援ビジネスを開始、7月22日からは植物工場の認知・理解促進のため「シンガポールサイエンスフェスティバル」に出展し、技術をアピールする、という以下、プレスリリースの一部を掲載しておく。
 

株式会社リバネス、シンガポールにおける植物工場導入支援ビジネスを開始
「店産店消」モデルの小型植物工場をアジアへ展開

株式会社リバネス(東京都新宿区、代表:丸幸弘)は、シンガポールで植物工場導入支援サービスを開始、お店で栽培した野菜を店で消費する「店産店消」モデルに適した小型植物工場をベニックス株式会社(東京都中央区、代表:疋田守)と共同開発、アジアへ展開します。
 
リバネスは日本での店舗内併設型植物工場導入に実績があり、コンセプト立案、設計、施工、栽培計画立案、メンテナンス、スタッフの育成までをワンストップで提案できる強みを持っています。シンガポール国内の飲食店・学校への導入を目指し、独自の店産店消モデルにより、安心・安全な野菜栽培技術をわかりやすく訴求します。リーフ野菜の栽培を中心として、シンガポールの食文化への貢献を目指していきます。
 
シンガポールでのサービス訴求の第一弾として、7月22日〜7月28日の間、シンガポールサイエンスフェスティバルに参加し、植物工場を展示、子どもにもわかりやすく植物工場の技術をアピールします。同フェスティバルはシンガポール科学技術庁(A*STAR)とシンガポール国立サイエンスセンターの主催によって開催される教育関連イベントであり、小学生以上の一般市民を対象としています。今年は同フェスティバルとして初の企業展示スペースが設けられ、40社以上が出展します。
 
展示終了後はシンガポール国立サイエンスセンターに植物工場を移設し、常設展示として観覧できるようになります。同フェスティバルではリバネスの科学実験教室のワークショップも開催予定であり、出展を機に植物工場導入支援サービス、教育開発事業の双方をシンガポールで広めていく計画です。<詳細はプレスリリースを参照>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  2. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  3. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  4. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  5. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  6. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  7. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  10. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  4. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
ページ上部へ戻る