店産店消モデルの小型植物工場をアジアへ展開<リバネス>/第一弾はシンガポール・サイエンスフェスティバルにて展示(教育関連イベントへの技術アピール)

株式会社リバネスは、ベニックス株式会社と共同開発した「店産店消」モデルの小型植物工場をアジアへ展開する。その第一弾として、シンガポールにおける植物工場導入支援ビジネスを開始、7月22日からは植物工場の認知・理解促進のため「シンガポールサイエンスフェスティバル」に出展し、技術をアピールする、という以下、プレスリリースの一部を掲載しておく。
 

株式会社リバネス、シンガポールにおける植物工場導入支援ビジネスを開始
「店産店消」モデルの小型植物工場をアジアへ展開

株式会社リバネス(東京都新宿区、代表:丸幸弘)は、シンガポールで植物工場導入支援サービスを開始、お店で栽培した野菜を店で消費する「店産店消」モデルに適した小型植物工場をベニックス株式会社(東京都中央区、代表:疋田守)と共同開発、アジアへ展開します。
 
リバネスは日本での店舗内併設型植物工場導入に実績があり、コンセプト立案、設計、施工、栽培計画立案、メンテナンス、スタッフの育成までをワンストップで提案できる強みを持っています。シンガポール国内の飲食店・学校への導入を目指し、独自の店産店消モデルにより、安心・安全な野菜栽培技術をわかりやすく訴求します。リーフ野菜の栽培を中心として、シンガポールの食文化への貢献を目指していきます。
 
シンガポールでのサービス訴求の第一弾として、7月22日〜7月28日の間、シンガポールサイエンスフェスティバルに参加し、植物工場を展示、子どもにもわかりやすく植物工場の技術をアピールします。同フェスティバルはシンガポール科学技術庁(A*STAR)とシンガポール国立サイエンスセンターの主催によって開催される教育関連イベントであり、小学生以上の一般市民を対象としています。今年は同フェスティバルとして初の企業展示スペースが設けられ、40社以上が出展します。
 
展示終了後はシンガポール国立サイエンスセンターに植物工場を移設し、常設展示として観覧できるようになります。同フェスティバルではリバネスの科学実験教室のワークショップも開催予定であり、出展を機に植物工場導入支援サービス、教育開発事業の双方をシンガポールで広めていく計画です。<詳細はプレスリリースを参照>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  2. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  8. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  9. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  10. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  2. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  3. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  4. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
ページ上部へ戻る