植物工場・各分野のプロフェッショナルが集結、新会社「アグリウェーブ」設立。信州大学のコンテナ型植物工場の製作、共同チームでリンガーハットへ商品納入

経済産業省が手がける先進的植物工場施設整備事業の一環として、信州大学繊維学部が推進するコンテナ型植物工場(通称:コンファーム)を製作した科学技術集団が、新会社『アグリウェーブ株式会社』を設立し、日本の科学技術力を集結させた先進的植物工場の本格販売を開始すると発表した。
 
 
本社所在地は長野県上田市、信州大学繊維学部キャンパスSU-PLAF内。参画企業にはセンサー、水耕栽培、電装、物流、そして通信システム等のそれぞれの分野のプロフェッショナルが集まり、コンテナ型植物工場を主力商品としている。採算性を追及したリーズナブルなクラスから、先進ハイテク技術を搭載したハイクラスまで、お客の予算と用途に合わせて製作する事が可能だという。
 
 
コンテナ型植物工場は耐久性・気密性・断熱性に優れ、植物栽培に適した環境をコントロールしやすい為、研究機関や植物工場ビジネスへ参入しようとする企業の研究栽培用ラボとして活躍している。また、製作に関しての一連作業をすべて一箇所の製造工場で行える為、膨大な工事費用を極力抑える事ができ、お客側の負担も少なくなるというメリットがある。
 
 
最もリーズナブルな20フィート(約6m)クラスで販売価格500万円(税別)。光源はLED照明を使用し、年間のランニングコストも90万円以下(人件費別)と言うのが最大の魅力。ハイクラスになると40フィート(約12m)コンテナを使用し販売価格は1500万〜2500万円(税別)となり、競合製品より性能は高く、コストは半分程度だという。既に同社のシステムは、植物工場ビジネスへの参入を発表した大手外食チェーン店の株式会社リンガーハットへ納入されている。

以下、アグリウェーブ社信州大学リンガーハットのコンテナ植物工場(コンファーム)に関する本格的共同研究開発に関するプレスリリース(信州大学)を掲載しておく。<写真はアグリウェーブ社からの提供>

災害地対応を可能にしたコンテナ植物工場(コンファーム)を開発
−信州大学とリンガーハットは外食産業向け野菜の本格的共同研究開発へ−
 
概要
信州大学の谷口彬雄名誉教授・特任教授らの研究グループは、株式会社リンガーハット(東京本社:東京都大田区)、アグリウェーブ株式会社(本社:信州大学繊維学部先進植物工場研究教育センター内)との共同研究により「災害地対応を可能にしたコンテナ植物工場」を開発しました。
 
これは、文部科学省 地域イノベーション戦略支援プログラムグローバル型(第2期)(旧知的クラスター創成事業(第2期))の成果第20号であり、経済産業省 平成21年度先進的植物工場施設整備費補助金事業の成果でもあります。
 
開発成果の内容
一般的な植物工場は、移動を前提としていませんが、コンテナ植物工場は、移動が可能であることが大きな優位性のコンセプトとなっています。今般、運搬(移動)しながら栽培可能な構造であり、迅速に災害地などに運搬・設置ができる仕様のコンテナ植物工場を開発しました。具体的には、コンテナ植物工場を簡単に移動するために以下の問題点を解決しました。

(1)運搬において道路交通法に適法させるため、コンテナ外部の突起物を完全になくす構造とした。
(2)水耕栽培用の養液がこぼれないシステムの導入を行った。
・大きな持続的な傾きに応じて水を移動させる構造
・小さなさざ波による漏れこぼれの防止など
 
本コンテナ植物工場は、アグリウェーブ(株)との共同開発により製造されたものです。アグリウェーブ(株)(社長:夏井健)は、信州大学と複数の企業との共同研究開発の過程で設立されたベンチャー企業であり、本社は信州大学先進植物工場研究教育センター内に設置され、本格的に信州大学仕様の植物工場が市場に提供されます。本仕様のコンテナ植物工場は、(株)リンガーハットに納入されました。
 
開発の背景と期待される応用
今回のコンテナ植物工場は、今後生産される多数のコンテナ植物工場のモデルとなると考えています。また、(株)リンガーハットは、これを契機として信州大学との本格的な共同研究開発を実施する予定です。コンテナ植物工場による外食産業向け主力野菜生産は、コスト、供給量ともに見合いません。そこで、栄養成分に特徴ある野菜など、有用な機能性野菜の開発などを進めて行く予定です。これらは、例えば「付け合わせ」用の野菜などには有用だと考えており、機能性野菜の栽培研究を通して、自社内での野菜生産へと繋げて行く予定です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  2. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  3. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  4. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  5. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  9. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  10. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  2. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
ページ上部へ戻る