スマートシティ、健康長寿都市、新産業創造都市をテーマに柏の葉キャンパスシティが本格展開。将来的には商業施設・オフィス内に植物工場を実験導入

柏市、千葉県、東京大学、千葉大学、三井不動産は7月12日、柏の葉キャンパスシティにおいて本格展開を開始する事業の内容を発表した。「スマートシティ」、「健康長寿都市」、「新産業創造都市」の3分野においてさまざまな施策を実施していく。
 

 
柏の葉キャパスシティは、つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅を中心とした約273haの敷地に人口約2万6000人の生活拠点を創り出す街づくり計画。柏ゴルフ倶楽部の跡地周辺に、スマートグリッドなどの最新技術を導入したオフィスビルや商業施設、住居ビルを建設するほか、東京大学や千葉大学がキャンパスを開設し、地域住民の協力を得ながら社会実験を行っていく。計画ではオフィスビルや商業施設内には植物工場を実験的に導入していくアイデアもある。
 
 
今回発表された3分野のうち、スマートシティに関しては、三井不動産主導の下、日立製作所、住友化学、シャープ、日本ヒューレット・パッカード、SAP、LGなど18社が参加するジョイントベンチャー「スマートシティ企画」により、大学や地元自治体と連携しながらスマートシティを構築する。三井不動産は、町全体での省エネルギー化を進めるスマートシティーとして、太陽光などを活用しながら地域内で電力を一元管理、省エネ効果を高める。本スマートシティーには、170億円を投じ、2014年春の完成を目指している。
 
 
148街区を含む駅周辺地域では、マンションや商業施設に設置された建物単位のエネルギー管理システムを統合し、地域レベルで発電量・受電量・消費電量を一元管理する「エリア・エネルギー管理システム(AEMS)」の構築を進めているうえ、200kWの太陽光発電システム、生ごみバイオ発電、ガス発電も導入。さらに発電の排熱、地中熱、温泉熱、太陽熱を空調や給湯に利用するなど、省エネ/創エネに取り組んでいく
 
 
また、新産業創造都市については、まず、東京大学が「東京大学フューチャーセンター」を2013年を目処に148街区に新設。産官学の共同研究と社会実験の全学拠点として活用する予定で、これまで同大学が取り組んできた「超高齢化」、「次世代交通」、「エネルギー創成」などの研究資産を生かすかたちで、周辺の公共機関などを使って実証実験を展開していく。
 
 
さらに、千葉大学が2011年6月に開設した環境健康フィールド科学センター内の植物工場において都市型農業の研究も推進。植物工場では、合計床面積1万3350平方メートルの中に長期多段栽培や窒素日施用法などを研究する太陽光利用型が5棟、LECなどを活用して栽培する人工光閉鎖型が2棟設置されており、新たな栽培方法の研究を進めると同時に、植物工場ビジネスを目指す人を対象に施設建設、栽培システム、生産管理、販売/経営などの幅広い研修プログラムの提供も行う。また、一般市民に対して収穫した野菜の試食会なども行い、「見て、食べて、楽しめるコミュニケーション空間」を作っていくという。<参考・詳細資料(掲載写真):日経プレスリリースなど>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  2. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  3. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  4. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  7. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  8. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  9. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  10. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る