生鮮食品にも栄養成分の表示。アイスプラントの生産・システム開発を行う日本アドバンストアグリでは、商品パッケージに栄養成分を表示

人工照明による野菜栽培を手がける日本アドバンストアグリ(滋賀県長浜市)は「ツブリナ」(同社生産のアイスプラントの商品名)に栄養成分を表示する農産物は生育条件で栄養成分が変わるため、保証しにくいが、特定の波長の人工光源と調合養液で水耕栽培するツブリナの特長を生かし、表示に踏み切った
 
 
栄養成分は長浜保健所と滋賀県食のブランド推進課で確認。パッケージに重量100グラムあたりの「エネルギー」「たんぱく質」「βカロテン」などを表示し、レタスと比較したグラフも付けた。同社では生野菜への成分表示は初めてとしている。


 

そもそも、アイスプラントは多肉多汁組織をもつ南アフリカ原産の植物であり、地中のミネラルを吸い上げる力がある植物。耐塩性が高いのが特徴で別名、吸塩植物とも呼ばれている。また、葉や茎の表面に見られるキラキラとした粒はミネラル分を多く含むブラッター細胞と呼ばれるものであり、口に入れると薄い塩味がする植物である。このように、葉や茎がキラキラと光る特徴的な見た目に加え、サクサクとした食感やあっさりした塩味がファンを増やしており、飲食店はサラダや揚げ物だけでなく、ラーメンやスイーツにも利用。生活習慣病の予防効果も注目されており、スーパーなど小売店でも取り扱いが増えている。
 
 
例えば、サンドイッチチェーンの日本サブウェイが4月にオープンした「サブウェイ野菜ラボ大阪府立大学店」では、アイスプラントを使ったサンドイッチメニュー「アイスプラントベジー」(340円)は、レタスやたまねぎ、オリーブと一緒にパンにアイスプラントが挟み込まれたメニューとして、1日20食限定で販売されていた。同店は大阪府立大とサブウェイの共同プロジェクト。大学は今春、学内に植物工場研究センターを設立し、アイスプラントをハーブやレタスとともに水耕栽培している。軌道に乗れば月2700パック(1パックは60グラム程度)のアイスプラントの生産が可能という
 
 
植物工場や水耕栽培(施設園芸)では、大きな初期投資・運営コストをまかなうため、栽培されるものは高値で卸せる野菜を選択する企業が多い。アイスプラントも、栽培品目としては検討されやすい作物である。こうしたアイスプラントの生産に、いち早くスタートしたのが佐賀大学である。同大学では、塩害対策としてアイスプラントの研究を開始し、その後食用として2006年に「バラフ」というブランド名で発売した。現在はバラフを使った九州地域の特産品づくりにも取り組んでおり、サービスエリアなどでは、ソフトクリームや肉まんにも、アイスプラント(商品名:バラフ)を使用しながら、様々な商品を提案している
 
 
アイスプラントを扱うスーパーも増え、価格も店によっては1パック200円程度と手ごろになってきた。店頭ではアイスプラント、または各企業が販売する商品名「バラフ」「プッチーナ」「ソルトリーフ」「ソルティーナ」で販売されていることが多い。佐賀大の分析によると、アイスプラントは老化防止の効果があるとされる、βカロテンが豊富。中性脂肪の増加を抑えるといわれるミオイノシトール、血糖値を下げるとされるピニトールなども含むため、メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防に役立つ野菜としても注目されている。今後は家庭の食卓に並ぶ機会も増えるかもしれない。(参考:日経産業新聞など)
 
以下、日本アドバンストアグリのプレスリリースの一部を掲載しておく。

長浜ブランド「ツブリナ(アイスプラント)」を日本で初めて11種類の栄養成分表示付きで販売開始します。

日本アドバンストアグリ(株)(代表取締役 辻 昭久)は、長浜バイオ大学との産学連携で開発した植物工場での独自ノウハウで栽培するツブリナ(アイスプラント)の販売を平成22年6月から始めておりますが、生野菜としては、日本で初めて11種類の栄養成分を表示して販売を開始します。

通常、生鮮食品は栄養成分値の担保がとりにくく表示が難しいですが、植物工場栽培により品質安定が技術的に可能なため、ツブリナの栄養成分分析結果をもとに、レタスと比較した場合の食品成分構成やツブリナの栄養成分構成をPOPパッケージに表示しました。この商品を夏商戦にむけて6月28日の平和堂長浜駅前店、アル・プラザ長浜での販売を皮切りに全国的に販路を増やしていきます

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  2. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  3. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  4. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  7. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  8. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  4. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
ページ上部へ戻る