低コスト・生産性の高い都市型農業栽培方式により、学校の給食コスト削減。新鮮野菜で 肥満や栄養失調の子供たちを救うソーシャルビジネス<Home Town Farms>

Home Town Farmsでは、特に地価の高い都市部を中心に、狭いスペースでも栽培可能な生産性の高い水耕栽培方式を採用することで、周辺地域の学校に対して新鮮で栄養価の高い野菜・果物を提供し、肥満や栄養失調の子供たちを、より健康にさせるプロジェクトを進めている。
 
 
米国における学校給食は問題が山積みである。例えばニューヨーク州の貧困エリアにある学校は給食自体を実施していない場合があり、昼食を抜く子供たちも多い。その他、たとえ裕福な家庭でも、学校給食がない場合は、ジャンクフードや加工品を持ってくる子供たちも多いようだ。また、学校側にも問題があり、給食を実施している所でも、提供する料理に野菜や果物を、ほとんど使用しておらず、子供たちの栄養やカロリー計算が実施されていないのが現状である
 
 
しかし近年では、米国大統領夫人のミシェル・オバマ、メディアでも有名な料理人ジェイミー・オリヴァーなど、子供たちの食習慣を変えようと熱心に活動する有名人も現れ、少しずつではあるが、こうした学校給食の重要性にも注目が集まり始めている。例えば、2010年12月、米国議会が「子供の健康増進と貧困撲滅」に関する法案を通していることも、こうした流れの一つであるだろう。
 

 
Home Town Farmsでは、増加する米国の肥満児や栄養失調の子供たちに対して、学校給食を通して、より健康な食事を提供することで、こうした問題の解決に寄与しよう、と活動している。同社では、地価の高い都市部を中心に、狭いスペースでも栽培可能なように、トマトやきゅうりなどの果実類は垂直式に水耕栽培を採用し、葉野菜も多段式水耕栽培(こちらは実験段階)を提案している。
 
 
同社によると、養液を完全循環式にすることで、従来の露地栽培と比較して、水使用量は85%、肥料使用量80%、栽培スペースも70%の削減が実現できる、と主張している。子供の人口が多く、学校が密集する都市部に設置することで、新鮮な地産地消食材(ローカルフード)を提供でき、わざわざ遠方から収穫し、加工した商品を購入する必要がなくなる特に都市部の学校では、数千マイルもの遠方から食料を購入・輸送している場合も多く、同社によると、従来の90%もの輸送燃料コストを削減できた、という。
 
 
また、こうした地産地消(ローカルフード)の推進は現地雇用を生み出し、子供たちの食育・教育面での効果も考えられる。農作物がどうやって栽培され、自分が食べている料理について、「食」のプロセスを学び、時には遠足や課外授業の一環で、栽培現場を見学することも可能であるだろう
 
 
既に同社は、カリフォルニア州のサンディエゴのEncinitas Union School地区にある約2ヘクタールの土地を活用して、垂直式・水耕栽培による果実類(葉野菜の多段式栽培)の施設建設に向けて動きだしている。ここで栽培された農作物は、周辺の学校へ「スクール・ランチ・プログラム」として提供する予定である。州によっては、学校や教育機関が子供たちの「食育・給食サービス」に関係するプログラムや農作物の生産施設建設のために、多くの補助金・助成金があり、今後も同様のモデル事例が増えていくことが予想される。
 
Home Town Farmsの紹介動画について

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  2. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  3. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  4. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  6. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  7. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  8. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  9. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  2. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  3. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る