低コスト・生産性の高い都市型農業栽培方式により、学校の給食コスト削減。新鮮野菜で 肥満や栄養失調の子供たちを救うソーシャルビジネス<Home Town Farms>

Home Town Farmsでは、特に地価の高い都市部を中心に、狭いスペースでも栽培可能な生産性の高い水耕栽培方式を採用することで、周辺地域の学校に対して新鮮で栄養価の高い野菜・果物を提供し、肥満や栄養失調の子供たちを、より健康にさせるプロジェクトを進めている。
 
 
米国における学校給食は問題が山積みである。例えばニューヨーク州の貧困エリアにある学校は給食自体を実施していない場合があり、昼食を抜く子供たちも多い。その他、たとえ裕福な家庭でも、学校給食がない場合は、ジャンクフードや加工品を持ってくる子供たちも多いようだ。また、学校側にも問題があり、給食を実施している所でも、提供する料理に野菜や果物を、ほとんど使用しておらず、子供たちの栄養やカロリー計算が実施されていないのが現状である
 
 
しかし近年では、米国大統領夫人のミシェル・オバマ、メディアでも有名な料理人ジェイミー・オリヴァーなど、子供たちの食習慣を変えようと熱心に活動する有名人も現れ、少しずつではあるが、こうした学校給食の重要性にも注目が集まり始めている。例えば、2010年12月、米国議会が「子供の健康増進と貧困撲滅」に関する法案を通していることも、こうした流れの一つであるだろう。
 

 
Home Town Farmsでは、増加する米国の肥満児や栄養失調の子供たちに対して、学校給食を通して、より健康な食事を提供することで、こうした問題の解決に寄与しよう、と活動している。同社では、地価の高い都市部を中心に、狭いスペースでも栽培可能なように、トマトやきゅうりなどの果実類は垂直式に水耕栽培を採用し、葉野菜も多段式水耕栽培(こちらは実験段階)を提案している。
 
 
同社によると、養液を完全循環式にすることで、従来の露地栽培と比較して、水使用量は85%、肥料使用量80%、栽培スペースも70%の削減が実現できる、と主張している。子供の人口が多く、学校が密集する都市部に設置することで、新鮮な地産地消食材(ローカルフード)を提供でき、わざわざ遠方から収穫し、加工した商品を購入する必要がなくなる特に都市部の学校では、数千マイルもの遠方から食料を購入・輸送している場合も多く、同社によると、従来の90%もの輸送燃料コストを削減できた、という。
 
 
また、こうした地産地消(ローカルフード)の推進は現地雇用を生み出し、子供たちの食育・教育面での効果も考えられる。農作物がどうやって栽培され、自分が食べている料理について、「食」のプロセスを学び、時には遠足や課外授業の一環で、栽培現場を見学することも可能であるだろう
 
 
既に同社は、カリフォルニア州のサンディエゴのEncinitas Union School地区にある約2ヘクタールの土地を活用して、垂直式・水耕栽培による果実類(葉野菜の多段式栽培)の施設建設に向けて動きだしている。ここで栽培された農作物は、周辺の学校へ「スクール・ランチ・プログラム」として提供する予定である。州によっては、学校や教育機関が子供たちの「食育・給食サービス」に関係するプログラムや農作物の生産施設建設のために、多くの補助金・助成金があり、今後も同様のモデル事例が増えていくことが予想される。
 
Home Town Farmsの紹介動画について

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  2. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  3. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  5. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  6. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  10. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る