【Asia Business Conference】農業ビジネスをアジアへ(7月6日)/カンボジア・中国で活躍する先駆者による現状と可能性について

ブレインワークス社では、アジアでのビジネスチャンスについて、7月5日から3日間に渡るセミナー・講演会を開催する。2日目の7月6日には「農業ビジネスをアジアへ」をテーマに、カンボジアや中国などで実際に農業ビジネスを展開されている企業・専門家を招いての講演会が行われる。参加費は無料となっております以下、案内文を掲載しておく。
 

Asia Business Conference

■開催日:2011年年7月6日(水)
■場所: ゆうぽうと(東京都品川区五反田8−4−13)
■主催者:ブレインワークスグループ
 
アジア進出支援、アジアとのブリッジサービスを行っております、ブレインワークスグループより、アジア農業ビジネスの現状について知ることができるセミナーのご案内です。
 
◎日程:7/6(水) 9:30〜12:00(9:00より会場)
◎テーマ: 「農業ビジネスをアジアへ」
◎定員: 100名
◎参加費: 無料
◎URL: http://www.bwg.co.jp/seminar/2011/abc7.html
 
食料自給率40%前後を推移する日本。農業の危機が叫ばれて久しい状況です。一方で肥沃な大地が広がるタイ、ベトナム、カンボジアを中心としたメコン地域は農業大国でも知られています。中国においても日本からの農業進出が目立ち始めました。
 
日本とアジアが連携して、いかにボーダレスな農業を展開できるのか?カンボジアや中国で農業ビジネスを展開する先駆者に、その実態と可能性を語って頂きます。
 
◎講師
・JAPAN AGRI(CAMBODIA) CO.,Ltd. 宮内 敬司 氏
・有限会社アグリ・サポート 代表取締役社長 立松 国彦 氏
・(前)農林水産政策研究所国際食料情報分析官 加藤 信夫 氏
 
アジア現地で活動されている方を講師としてお招きしておりますので、普段聞けないような、現地の情報が得られます!是非お誘い合せの上、ご参加くださいませ。
詳細・申し込みサイト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  4. オランダにて中国版植物工場・日光温室が稼働。アジアの高湿度環境に対応可能な栽培技術を取得へ
     オランダのワーヘニンゲン大学を中心としたチームは4月12日、中国版の太陽光利用型植物工場をオランダ…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  6. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  7. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  8. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  9. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る