【Asia Business Conference】農業ビジネスをアジアへ(7月6日)/カンボジア・中国で活躍する先駆者による現状と可能性について

ブレインワークス社では、アジアでのビジネスチャンスについて、7月5日から3日間に渡るセミナー・講演会を開催する。2日目の7月6日には「農業ビジネスをアジアへ」をテーマに、カンボジアや中国などで実際に農業ビジネスを展開されている企業・専門家を招いての講演会が行われる。参加費は無料となっております以下、案内文を掲載しておく。
 

Asia Business Conference

■開催日:2011年年7月6日(水)
■場所: ゆうぽうと(東京都品川区五反田8−4−13)
■主催者:ブレインワークスグループ
 
アジア進出支援、アジアとのブリッジサービスを行っております、ブレインワークスグループより、アジア農業ビジネスの現状について知ることができるセミナーのご案内です。
 
◎日程:7/6(水) 9:30〜12:00(9:00より会場)
◎テーマ: 「農業ビジネスをアジアへ」
◎定員: 100名
◎参加費: 無料
◎URL: http://www.bwg.co.jp/seminar/2011/abc7.html
 
食料自給率40%前後を推移する日本。農業の危機が叫ばれて久しい状況です。一方で肥沃な大地が広がるタイ、ベトナム、カンボジアを中心としたメコン地域は農業大国でも知られています。中国においても日本からの農業進出が目立ち始めました。
 
日本とアジアが連携して、いかにボーダレスな農業を展開できるのか?カンボジアや中国で農業ビジネスを展開する先駆者に、その実態と可能性を語って頂きます。
 
◎講師
・JAPAN AGRI(CAMBODIA) CO.,Ltd. 宮内 敬司 氏
・有限会社アグリ・サポート 代表取締役社長 立松 国彦 氏
・(前)農林水産政策研究所国際食料情報分析官 加藤 信夫 氏
 
アジア現地で活動されている方を講師としてお招きしておりますので、普段聞けないような、現地の情報が得られます!是非お誘い合せの上、ご参加くださいませ。
詳細・申し込みサイト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  3. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  4. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  5. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  6. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  8. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  9. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  10. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  4. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
ページ上部へ戻る