千葉大学チームが、ソーラーデカスロン・ヨーロッパの20チームに選定。伝統的な家屋・日本文化に植物工場を導入した次世代型ソーラー住宅を建設

千葉大学工学部建築学科を中心に進めていたソーラーデカスロン・ヨーロッパのプロジェクトについて、以下では追加情報を掲載しておく。
提案住宅「Omotenashi House」では、室内に小型の「植物工場」を設置し、昼間は太陽光、夜間は発光ダイオード(LED)照明で野菜を栽培する。建物の前面には水田も整備し食料供給に役立て屋上に約140平方メートル、出力10キロワットのソーラーパネルを設置、住宅で使うエネルギーを賄う、というモデルを提案している。
 
今年9月には実施設計を完了。年内には千葉大キャンパス内にモデル住宅を建設する。来年7月に建材を日本から海上輸送し、現地で組み立てる。コンペの参加費用は約8千万円。既に積水ハウスが協賛を決めており今後、ソーラーパネルメーカーなどにも協力を呼びかける。今回の住宅設計で得られたノウハウは協賛企業にもフィードバックされる、という。<参考:日本経済新聞より>

 
千葉大学工学部建築学科を中心に進めていたソーラーデカスロン・ヨーロッパのプロジェクト案が15カ国、応募数33チーム(47大学)からスペイン・マドリッドで実際に建設する20チームに選定された。選定は、日本では唯一であり、ソーラーデカスロンが始まってから初めてのことである。
 
 
ソーラーデカスロン(ヨーロッパ)は世界の20の大学が、ソーラー住宅を建設して総合的な優劣を競う競技米国・エネルギー省が主催となって2002年に開始されたコンペである(米国・エネルギー省のデカスロンサイト)。ヨーロッパでも、連携しながら開催されており、2010年に次いで2回目という(ヨーロッパ・デカスロン)。
 
 
今回、千葉大学の応募案は、日本の伝統的な家屋をベースに、軒の深い縁側や大きく開放できる窓、畳や障子などを計画し、日本の文化を織り込んだもの。屋根にはソーラーパネルを設置し、屋内には、千葉大学で行われている先進的な研究で注目されている「植物工場」を、ソーラーハウスと組み合わせて提案している。今後、医学部、園芸学部、教育学部など他の学部の協力を得て、全学をあげての組織体制を強化し、2012年の建設に向けプロジェクトを進める予定だという。
 
 
競技は2段階方式。最初は書類審査で20大学が選定され、次段階でマドリッドにソーラー住宅建設。2012年6月に実住宅の審査があり順位を決定。競技の最大の特徴は、大学が応募し、プロジェクトの主体は学生であること。プロジェクトの推進に国の協力や参加企業などを募りながら、大学では教員がアドバイサーとして参加し、大学内の教育プログラムに組みプロジェクトを進めていく。
 
 
現地審査での審査項目は、太陽エネルギーの利用以外に、デザイン性、図面等の書類と建設だけでなく、市場性、WEBによる提案内容のPRなど計10項目ある。以下では過去の受賞プランなどを掲載しておく(参考:千葉大学・リリース文より)
 

<今回の千葉大学チームの応募プラン:参考facebookページ

<過去の提案プランなど>



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  2. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  3. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  4. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  6. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  7. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  8. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  2. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  3. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  4. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
ページ上部へ戻る