千葉大学チームが、ソーラーデカスロン・ヨーロッパの20チームに選定。伝統的な家屋・日本文化に植物工場を導入した次世代型ソーラー住宅を建設

千葉大学工学部建築学科を中心に進めていたソーラーデカスロン・ヨーロッパのプロジェクトについて、以下では追加情報を掲載しておく。
提案住宅「Omotenashi House」では、室内に小型の「植物工場」を設置し、昼間は太陽光、夜間は発光ダイオード(LED)照明で野菜を栽培する。建物の前面には水田も整備し食料供給に役立て屋上に約140平方メートル、出力10キロワットのソーラーパネルを設置、住宅で使うエネルギーを賄う、というモデルを提案している。
 
今年9月には実施設計を完了。年内には千葉大キャンパス内にモデル住宅を建設する。来年7月に建材を日本から海上輸送し、現地で組み立てる。コンペの参加費用は約8千万円。既に積水ハウスが協賛を決めており今後、ソーラーパネルメーカーなどにも協力を呼びかける。今回の住宅設計で得られたノウハウは協賛企業にもフィードバックされる、という。<参考:日本経済新聞より>

 
千葉大学工学部建築学科を中心に進めていたソーラーデカスロン・ヨーロッパのプロジェクト案が15カ国、応募数33チーム(47大学)からスペイン・マドリッドで実際に建設する20チームに選定された。選定は、日本では唯一であり、ソーラーデカスロンが始まってから初めてのことである。
 
 
ソーラーデカスロン(ヨーロッパ)は世界の20の大学が、ソーラー住宅を建設して総合的な優劣を競う競技米国・エネルギー省が主催となって2002年に開始されたコンペである(米国・エネルギー省のデカスロンサイト)。ヨーロッパでも、連携しながら開催されており、2010年に次いで2回目という(ヨーロッパ・デカスロン)。
 
 
今回、千葉大学の応募案は、日本の伝統的な家屋をベースに、軒の深い縁側や大きく開放できる窓、畳や障子などを計画し、日本の文化を織り込んだもの。屋根にはソーラーパネルを設置し、屋内には、千葉大学で行われている先進的な研究で注目されている「植物工場」を、ソーラーハウスと組み合わせて提案している。今後、医学部、園芸学部、教育学部など他の学部の協力を得て、全学をあげての組織体制を強化し、2012年の建設に向けプロジェクトを進める予定だという。
 
 
競技は2段階方式。最初は書類審査で20大学が選定され、次段階でマドリッドにソーラー住宅建設。2012年6月に実住宅の審査があり順位を決定。競技の最大の特徴は、大学が応募し、プロジェクトの主体は学生であること。プロジェクトの推進に国の協力や参加企業などを募りながら、大学では教員がアドバイサーとして参加し、大学内の教育プログラムに組みプロジェクトを進めていく。
 
 
現地審査での審査項目は、太陽エネルギーの利用以外に、デザイン性、図面等の書類と建設だけでなく、市場性、WEBによる提案内容のPRなど計10項目ある。以下では過去の受賞プランなどを掲載しておく(参考:千葉大学・リリース文より)
 

<今回の千葉大学チームの応募プラン:参考facebookページ

<過去の提案プランなど>



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  2. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  6. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  7. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  10. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  2. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  3. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  4. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
ページ上部へ戻る