山形県では農林水産業創意工夫プロジェクトに5億円の補助金交付。様々なアイデアにより新しい加工食品の開発、地域経済・雇用拡大にも貢献

山形県内の農林漁業者の自由な発想を育て、地域の就労支援にもつなげようと県が募集した「農林水産業創意工夫プロジェクト」に61件が選ばれた。農産物の保存方法に一工夫を加えて生産額を高め、地元の就労支援に貢献するアイデアなど、さまざまな挑戦が並ぶ。県は計61件に対し計5億1100万円の補助金を交付する
 
 
県農林水産部によると、生産額アップに結びつくか、地域の雇用促進に貢献するかなどを重視して選考した。昨年末の募集に続く第2次募集分を審査した。 鶴岡市の高橋一郎さんは、ギンナンの保存方法の改善を提案した。従来の常温保存では、色合いが緑から黄色に変わって市場価値が下がる。そこで、冷蔵庫で保存して、品質保持と通年出荷を目指すことにした。「ぎんなん山形一長期出荷プロジェクト」と銘打った。
  
地元の社会福祉施設に通所する知的障害者の就労支援にもつなげる予定だ。今年度から知的障害者25人にギンナンの皮をむいてもらう作業を依頼した。冷蔵庫の利用で、仕事も1年を通して提供できる。15年時点での販売額の目標は、昨年より約1000万円増の2400万円とした
 


 
その他、舟形町の長澤光芳さんが代表を務める「舟形マッシュルーム」は、野球ボール大(直径約10センチ)の大型マッシュルームを栽培する。これまで廃棄していた根元部分をスライスして水煮や甘露煮にする加工食品を開発した。使用済みの菌床は堆肥(たいひ)にし、地元農家の農地に散布して地域循環型農業も目指す。15年の販売額の目標は、10年より1億5000万円増の4億5000万円だ。<写真は同社HPより>
 
 
山辺町作谷沢地区の農事組合法人「作谷沢地区そば生産組合」は、耕作放棄地を使ってソバ栽培を拡大し、「そば・わさびを核に農業と集落再生の限界に挑むプロジェクト」を企画した。地元産そばと、豊富なわき水で育てたワサビを提供する飲食店を直営し、地域特産物の花も直売する。15年の販売額目標は昨年より約1800万円増の約2700万円だ。県は「若い農業の担い手育成や、豪雪地帯での年間を通じた農業への取り組みも支援している。新しい発想で山形の農業を元気にしてほしい」と話している<参考情報:毎日新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  4. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  8. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  4. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
ページ上部へ戻る