制御盤の設計・製造などを手掛ける成電工業が植物工場事業に本格参入。自社開発の栽培装置販売と独自ブランド野菜の生産・販売へ

株式会社成電工業では、制御盤の設計・製造、LED蛍光灯、半導体の加工・検査といった従来技術を応用し、(1)植物工場装置の開発・販売と、(2)自社で生産した野菜(ブランド名:成電のあんしん野菜)の販売を開始した。<専用サイト:成電のあんしん野菜
 

 
同社が植物工場装置の研究開発をスタートしたのは2年前。そして、半年前からは自社装置で生産した野菜の試験販売を行い、本格的な植物工場事業への参入に至った。栽培装置は自社で開発し、顧客の要望に応じたオーダーメイド設計が可能装置を設置した後のメンテナンスや事業経営も支援していく予定である。
 
 
また、装置販売だけでなく、今後は野菜の生産・販売にも力を入れていく。試験販売も含め、現在までに本社のある群馬県・高崎市を始め、前橋、軽井沢等の地域などへの販売実績が既にあり、今後もユーザー側の要望に合った品種選定や商品企画を行っていき、栽培ノウハウを蓄積していく、という。尚、同社では今秋、幕張メッセで開催されるアグリビジネス展示会への出展も計画している。以下、概要情報を掲載。
 

野菜栽培装置概要

完全人工光(密閉)型植物工場を基本とし、大規模生産用から店舗内ディスプレイ用途まで、顧客のニーズに則したオーダーメイド設計となります。
 
植物工場野菜「成電のあんしん野菜」概要

品種:レタス類・ベビーリーフ(ハーブ)類
発売地域:群馬県、長野県など
販売チャネル:ホテル、結婚式場、飲食店、スーパーなど
商品特長:(1)「安全&安心」種子処理、栽培において農薬は不使用。調理人も食べる人も安心。(2)「品質が安定」味、大きさ、形状等の変動が小さいので、メニューに取り入れやすい。(3)「供給が安定」季節や天候の影響を受けない室内栽培。提供量も価格も年間を通じ安定。(4)「調理が簡単」虫の心配が無く、土や汚れ等を洗う必要が無いので調理時間が短縮可能。(5)「廃棄が少量」低細菌のため鮮度維持期間が長い。外側の葉まで丸ごと使えるのでロスが極少。

※現在、一般消費者への直接販売は対応しておりませんが、「フレッセイ クラシード若宮(前橋市若宮町1-5-1)」様にてご購入いただけます。
 
開発の背景
近年、食糧確保が国際問題となる一方で、国内では農業従事人口が減少し、食糧自給率の低下が問題視されています。そんな中、弊社の持つ「電気制御」と「光半導体」の技術が「植物工場装置」に応用できることを知り、これらの問題解決に少しでも寄与できればと考え、技術開発に取り組んで参りました。
 
植物工場事業は近年注目され、新規参入企業が続々と登場しています。多くの企業が栽培装置の販売に特化する中、当社では、実際に自社装置で野菜を栽培し、生産した野菜販売にも注力しています。現在は地元高崎を始め、前橋、軽井沢等の地域で20社ほどの店舗でご利用実績があります。
 
シェフや消費者など、エンドユーザーの声を生かした品種選定や商品規格を行い、ニーズに合った「売れる野菜」の生産にこだわり、日々栽培技術を磨いております。ただ装置を販売するだけではなく、当社装置を導入された顧客の植物工場事業経営もサポートできる企業でありたいと考え、これからも野菜栽培装置の開発・販売、植物工場野菜「成電のあんしん野菜」の生産・販売の、2本柱で当事業に尽力して参ります。
 
<本件のお問い合わせ先>
株式会社 成電工業(高崎市上豊岡町571-9)
[TEL] 027-340-1575 [FAX] 027-343-1510
[担当] 宮坂 [Webサイト] http://www.seidenkogyo.co.jp/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  2. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  5. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  7. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  8. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  9. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  10. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  4. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
ページ上部へ戻る