制御盤の設計・製造などを手掛ける成電工業が植物工場事業に本格参入。自社開発の栽培装置販売と独自ブランド野菜の生産・販売へ

株式会社成電工業では、制御盤の設計・製造、LED蛍光灯、半導体の加工・検査といった従来技術を応用し、(1)植物工場装置の開発・販売と、(2)自社で生産した野菜(ブランド名:成電のあんしん野菜)の販売を開始した。<専用サイト:成電のあんしん野菜
 

 
同社が植物工場装置の研究開発をスタートしたのは2年前。そして、半年前からは自社装置で生産した野菜の試験販売を行い、本格的な植物工場事業への参入に至った。栽培装置は自社で開発し、顧客の要望に応じたオーダーメイド設計が可能装置を設置した後のメンテナンスや事業経営も支援していく予定である。
 
 
また、装置販売だけでなく、今後は野菜の生産・販売にも力を入れていく。試験販売も含め、現在までに本社のある群馬県・高崎市を始め、前橋、軽井沢等の地域などへの販売実績が既にあり、今後もユーザー側の要望に合った品種選定や商品企画を行っていき、栽培ノウハウを蓄積していく、という。尚、同社では今秋、幕張メッセで開催されるアグリビジネス展示会への出展も計画している。以下、概要情報を掲載。
 

野菜栽培装置概要

完全人工光(密閉)型植物工場を基本とし、大規模生産用から店舗内ディスプレイ用途まで、顧客のニーズに則したオーダーメイド設計となります。
 
植物工場野菜「成電のあんしん野菜」概要

品種:レタス類・ベビーリーフ(ハーブ)類
発売地域:群馬県、長野県など
販売チャネル:ホテル、結婚式場、飲食店、スーパーなど
商品特長:(1)「安全&安心」種子処理、栽培において農薬は不使用。調理人も食べる人も安心。(2)「品質が安定」味、大きさ、形状等の変動が小さいので、メニューに取り入れやすい。(3)「供給が安定」季節や天候の影響を受けない室内栽培。提供量も価格も年間を通じ安定。(4)「調理が簡単」虫の心配が無く、土や汚れ等を洗う必要が無いので調理時間が短縮可能。(5)「廃棄が少量」低細菌のため鮮度維持期間が長い。外側の葉まで丸ごと使えるのでロスが極少。

※現在、一般消費者への直接販売は対応しておりませんが、「フレッセイ クラシード若宮(前橋市若宮町1-5-1)」様にてご購入いただけます。
 
開発の背景
近年、食糧確保が国際問題となる一方で、国内では農業従事人口が減少し、食糧自給率の低下が問題視されています。そんな中、弊社の持つ「電気制御」と「光半導体」の技術が「植物工場装置」に応用できることを知り、これらの問題解決に少しでも寄与できればと考え、技術開発に取り組んで参りました。
 
植物工場事業は近年注目され、新規参入企業が続々と登場しています。多くの企業が栽培装置の販売に特化する中、当社では、実際に自社装置で野菜を栽培し、生産した野菜販売にも注力しています。現在は地元高崎を始め、前橋、軽井沢等の地域で20社ほどの店舗でご利用実績があります。
 
シェフや消費者など、エンドユーザーの声を生かした品種選定や商品規格を行い、ニーズに合った「売れる野菜」の生産にこだわり、日々栽培技術を磨いております。ただ装置を販売するだけではなく、当社装置を導入された顧客の植物工場事業経営もサポートできる企業でありたいと考え、これからも野菜栽培装置の開発・販売、植物工場野菜「成電のあんしん野菜」の生産・販売の、2本柱で当事業に尽力して参ります。
 
<本件のお問い合わせ先>
株式会社 成電工業(高崎市上豊岡町571-9)
[TEL] 027-340-1575 [FAX] 027-343-1510
[担当] 宮坂 [Webサイト] http://www.seidenkogyo.co.jp/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  2. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  3. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  4. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  5. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  6. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  9. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  10. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  2. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  3. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  4. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
ページ上部へ戻る