大成建設、企業との連携を通じて植物工場の企画・設計・メンテナンスの総合プロデュース確立へ

大成建設ではドーム式の太陽光利用型植物工場を開発・運営するグランパへの資本参加を通じて、植物工場の企画、設計、施工、メンテナンスまでの一貫した事業に乗り出している。


同社によると、大手の自動車や電機関連メーカーの余剰設備転用の相談が多数あり、今後はさらに力を入れていく計画である、という。同社が既に建設を行っている北海道の神内ファーム21の植物工場には野菜を運搬するロボットなども実験的に導入されている。


また人工光型分野ではスタンレー電気と共同開発を行っている。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

建設業からの参入:植物工場の企画・設計、メンテナンスまでの総合プロデュース(大成建設、グランパ)

省電力・省スペース・低価格の栽培ユニットを開発・販売(2009年12月8日)

大成建設(株)(社長・山内隆司)は、植物工場運営や栽培装置の研究・開発を検討する企業や団体へのコンサルティング業務を更に強化・促進するために、スタンレー電気(株)と共同開発した薄型LED照明を用いた完全密閉型の栽培ユニットを発売します。


近年注目を集めている植物工場は、屋内栽培のため病害虫の被害が少なく、無農薬であること、一年を通じて安定的な生産が可能であることから、作物としての付加価値を高める手段として評価されていますが、それだけに留まらず、企業の遊休地や施設の効率的活用や、最近では栽培装置の開発や販売を新たな事業として、製造業を中心に関心を集めています。しかし現行では試行や研究に適した栽培装置がなく、事業化への判断を鈍らせる要因となっています。


そこで大成建設は、植物工場に関する事業への本格参入を検討している企業・団体向けに、サンプル野菜の試作用として小型栽培ユニットを予約限定注文にて発売いたします。

開発にあたっては、スタンレー電気との共同研究の結果、LEDを用いた薄型面光源を採用し、従来比1.5倍の容積効率を実現するとともに、省電力にも効果を上げています。スタンレー電気の自動車用ランプや液晶用バックライト技術で培った配光技術や薄型化技術によりLED光源としては薄型で防湿性の高い製品となっております。

 
今後、大成建設は、現在多分野に渡る様々な形態の取引を協議中の顧客や、植物工場運営だけでなく周辺市場への参入を検討している企業・団体に、この栽培ユニットを供給していくことはもちろん、従来より進めている植物工場コンサルティング事業におけるツールとしても活用し、植物工場市場でのさらなる優位性を図っていく所存です。(大成建設プレスリリースより抜粋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  3. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  4. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  5. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  8. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
ページ上部へ戻る