電子部品エヌ・イー・ワークスの農事業モデル/高齢者に在宅で押し花の加工作業を委託・首都圏のレストランへ出荷(地域雇用につながるソーシャルビジネス)

電子部品製造の有限会社エヌ・イー・ワークス(島根県奥出雲町)は6月から、地元産の食用押し花を首都圏をはじめ全国の飲食店や菓子メーカーなどに出荷する。地元の高齢者らに機械を貸し出し、在宅で加工を委託する。高齢化・過疎化が進む中山間地域の活性化にもつながるユニークな事業モデルとして注目を集めている。
 

同社はタッチパネル向けなど精密電子部品の製造を手掛けている企業である。副業として地元産の食用花などを使った和洋菓子を全国で販売してきたが、花だけを売ってほしいというニーズが首都圏の料理店などから高まっていた。今回、ビオラやアジサイなど地元で育てた花を乾燥させ、押し花の状態で出荷する。花は料理の彩りなどに使う。生花より保存がきくようになる
 
 
生花を押し花に加工する作業は地域の高齢者らに委託。同社の所在地である奥出雲町は4月1日現在の人口が1万4674人と1985年以降2割強減少した。65歳以上の割合が約4割を占める中山間地で、農業以外に産業が乏しく、過疎化とともに低収入の高齢者世帯の増加が深刻になっている
 
 
同社は昨年来、近隣に住む55〜70歳の高齢者7人に押し花への加工に使う機械を貸し出し、試験的に作業の委託を開始した。加工した花は同社が買い取り、自社でつくる菓子の材料などに使ってきた。加工者1人当たりの押し花販売収入は月15万円になるケースもあったという。また、押し花の生産時期はこれまで春から秋にかけての生花収穫期に限られていた。全国出荷に向け同社は、生産時期を通年に拡大するため温度管理などができる水耕栽培プラントを秋にも完成させる
 
 
こうした水耕プラントによる建設により、これまで年間150万枚だった生産量を2000万枚以上に増やせるという。加工に携わる地域住民も20人程度に増やす。全国料理店などへの販売額は月間700万〜800万円程度を見込む。同社が展開するビジネスについて、社会的価値と経済的価値(収益)を両立可能な成功モデルとして確立することを期待している。<参考:日本経済新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  4. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  8. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  9. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  4. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
ページ上部へ戻る