【共同実証実験・共同開発・協賛募集】完全閉鎖型植物工場における葉野菜/果実類栽培ユニット開発 における協力企業の募集(株式会社SRS)

株式会社SRS では、完全閉鎖型植物工場にて、人工光(LED・LVD照明)による多段式葉野菜栽培、天井蔓野菜の栽培実験を行ってきました。その結果、葉野菜はもちろんのことトマト・イチゴの栽培にも成功し、高断熱・高気密を保ちながら、天井より太陽光を取入れる実験を行い、トマトの収穫拡大・ミニなす等の蔓野菜にも成功しております。
 
 
今後、さらなる収穫拡大・品質向上・多種野菜・多種果実への挑戦を試み、プロジェクトを進めて行きたいと考えております。そこで、共同での実証実験(費用負担やモデルユニット設置場所提供企業)やユニット共同開発・販売先開発・プロジェクトへの協賛して頂ける企業様を募集しております。以下、ご案内となります。ご相談・お問合せは直接、企業へお願い致します。
 

葉野菜・蔓野菜・果実等の栽培が可能なパネル式完全閉鎖型植物工場システム

同社が提案するシステムは、ユニット開発をタイ王国の最大手企業のサイアムスチールインターナショナル社の協力を得て、高強度・高断熱・高気密ユニットを実現しております。また、外壁に新日本製鉄のスーパーダイマを使用することにより、どのような環境でも高耐久性を維持することができるシステムです
 
そして、同社が採用しているパネル式工法により、サイズ・形状・間仕切等を自由にカスタマイズが可能であり、さらに、空き倉庫・工場、又はビルの地下等にと発展させることもできます。同社のユニットは、各企業の協力のもと低価格で高性能なシステムを提案しており、価格競争・環境問題をクリアーし、採算性の取れるユニットを実現出来ます。
 
今までの栽培実験では、人工光を利用したパネル式植物工場にて、ミニ白菜・サニーレタス・小松菜・チシャ・クレソン・ミニセロリ・バジルといった葉野菜の栽培だけでなく、人工光では難しいと言われていたトマト(桃太郎)・フルーツトマトの実験栽培にも成功しております。また、太陽光を取入れるシステムを開発・収穫拡大に成功し、上記以外の多様野菜種の栽培へ可能性が出てきました。今後、同システムのさらなる発展・改善を進めるため、以下の企業様を募集しております。
 
1)植物工場ユニットの購入・共同実験の実施
以下の3 つのシステムのどちらかを購入(費用負担)して頂き、共同にてデーターを備蓄していきたいと考えております。

  • 人工光 (LED/LVD 照明) を利用した多段式ユニットシステム<参考費用:350万円〜(税別)>
  • 人工光 (LED 照明) と太陽光を利用した多段式ユニットシステム<参考費用:400万円〜(税別)>
  • 太陽光のみを利用した天井蔓野菜(トマト)・ユニットシステム<参考費用:250万円〜(税別)>

 
2)ユニットシステム共同開発
ユニットのさらなる発展、開発にむけて開発費の一部を負担して頂き、アイデア等の提供・実験場所の提供等のご協力を頂き、共同の名のもとにユニットを発表して頂ける企業様の募集。
 
3)今後の販売先開発・需要拡大
販売先開発・需要の拡大等をお任せする又は、お手伝いして頂ける企業様の募集。
 
4)植物工場ユニットシステムのみの販売
ユニットシステムを購入して頂き、御社で栽培・野菜等の販売を行って頂き、ユニットの実績をつくって頂ける企業様の募集
 
お問合せ先
アーキクリエイト株式会社 <設計企業>
〒573-0077 大阪府枚方市東香里新町7-19
Tel : 072-380-0825 / Fax : 072-380-0826
Email : info@archicreate.net
(担当 : 式田)

 
<モデルプラントの設置・栽培実験の様子>

<モデルプラントにおけるトマト・イチゴ栽培の様子>

<モデルプラントにおける葉野菜栽培の様子>

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  4. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  8. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  9. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  10. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  2. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  3. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る