【共同実証実験・共同開発・協賛募集】完全閉鎖型植物工場における葉野菜/果実類栽培ユニット開発 における協力企業の募集(株式会社SRS)

株式会社SRS では、完全閉鎖型植物工場にて、人工光(LED・LVD照明)による多段式葉野菜栽培、天井蔓野菜の栽培実験を行ってきました。その結果、葉野菜はもちろんのことトマト・イチゴの栽培にも成功し、高断熱・高気密を保ちながら、天井より太陽光を取入れる実験を行い、トマトの収穫拡大・ミニなす等の蔓野菜にも成功しております。
 
 
今後、さらなる収穫拡大・品質向上・多種野菜・多種果実への挑戦を試み、プロジェクトを進めて行きたいと考えております。そこで、共同での実証実験(費用負担やモデルユニット設置場所提供企業)やユニット共同開発・販売先開発・プロジェクトへの協賛して頂ける企業様を募集しております。以下、ご案内となります。ご相談・お問合せは直接、企業へお願い致します。
 

葉野菜・蔓野菜・果実等の栽培が可能なパネル式完全閉鎖型植物工場システム

同社が提案するシステムは、ユニット開発をタイ王国の最大手企業のサイアムスチールインターナショナル社の協力を得て、高強度・高断熱・高気密ユニットを実現しております。また、外壁に新日本製鉄のスーパーダイマを使用することにより、どのような環境でも高耐久性を維持することができるシステムです
 
そして、同社が採用しているパネル式工法により、サイズ・形状・間仕切等を自由にカスタマイズが可能であり、さらに、空き倉庫・工場、又はビルの地下等にと発展させることもできます。同社のユニットは、各企業の協力のもと低価格で高性能なシステムを提案しており、価格競争・環境問題をクリアーし、採算性の取れるユニットを実現出来ます。
 
今までの栽培実験では、人工光を利用したパネル式植物工場にて、ミニ白菜・サニーレタス・小松菜・チシャ・クレソン・ミニセロリ・バジルといった葉野菜の栽培だけでなく、人工光では難しいと言われていたトマト(桃太郎)・フルーツトマトの実験栽培にも成功しております。また、太陽光を取入れるシステムを開発・収穫拡大に成功し、上記以外の多様野菜種の栽培へ可能性が出てきました。今後、同システムのさらなる発展・改善を進めるため、以下の企業様を募集しております。
 
1)植物工場ユニットの購入・共同実験の実施
以下の3 つのシステムのどちらかを購入(費用負担)して頂き、共同にてデーターを備蓄していきたいと考えております。

  • 人工光 (LED/LVD 照明) を利用した多段式ユニットシステム<参考費用:350万円〜(税別)>
  • 人工光 (LED 照明) と太陽光を利用した多段式ユニットシステム<参考費用:400万円〜(税別)>
  • 太陽光のみを利用した天井蔓野菜(トマト)・ユニットシステム<参考費用:250万円〜(税別)>

 
2)ユニットシステム共同開発
ユニットのさらなる発展、開発にむけて開発費の一部を負担して頂き、アイデア等の提供・実験場所の提供等のご協力を頂き、共同の名のもとにユニットを発表して頂ける企業様の募集。
 
3)今後の販売先開発・需要拡大
販売先開発・需要の拡大等をお任せする又は、お手伝いして頂ける企業様の募集。
 
4)植物工場ユニットシステムのみの販売
ユニットシステムを購入して頂き、御社で栽培・野菜等の販売を行って頂き、ユニットの実績をつくって頂ける企業様の募集
 
お問合せ先
アーキクリエイト株式会社 <設計企業>
〒573-0077 大阪府枚方市東香里新町7-19
Tel : 072-380-0825 / Fax : 072-380-0826
Email : info@archicreate.net
(担当 : 式田)

 
<モデルプラントの設置・栽培実験の様子>

<モデルプラントにおけるトマト・イチゴ栽培の様子>

<モデルプラントにおける葉野菜栽培の様子>