瞬間接着剤「アロンアルファ」生産の東亞合成が植物工場推進グループを新設・事業の多角化をはかる

植物工場IT活用事例セミナー

高岡市に生産拠点を置く東亞合成株式会社(東京)は来春にも、屋内で計画的に作物を生産する「植物工場」事業に本格参入する。高岡市二上にある遊休施設を活用し、今秋にも試験プラントを新設。野菜苗などを栽培する実証実験に乗り出す計画で、事業の柱の一つに育てたい考えだ。
 
 
4月に、橋本太社長の直轄で推進プロジェクトがスタート。高岡市伏木2丁目の高岡工場に「植物工場推進グループ」が新設、専任職員を含む2人が配属。計画では、数年前までブラウン管テレビの部品を検査する工場だった建物を利用し、約750平方メートルに試験プラントを設置する。投資総額は約1億円。
 
 
東亞合成は瞬間接着剤「アロンアルファ」の生産で知られる。植物工場事業ではバイオ事業で培ったノウハウを生かし、トマトやナスなどの苗、水菜やルッコラなど葉物野菜を栽培する予定で、「事業の多角化を進めるとともに、高岡の地域性を生かした事業にしたい」(管理部IR広報室)としている。以下、プレスリリースを掲載しておく。
 

植物工場実証試験着手のお知らせ

東亞合成株式会社(代表取締役社長 橋本 太)は、新規事業・雇用の創出、食料の安定供給や農業就業者の高齢化等の課題に鑑み、周年で作物の安定生産ができ、作業環境の快適化・軽労化が図れる次世代農業として注目を集めている「植物工場」事業への参入を目指し、当社高岡工場(富山県高岡市二上地区)の遊休施設内に試験プラントを新設し、野菜の苗および葉菜類野菜の栽培実証試験に着手することを決定いたしましたのでお知らせいたします。
 
試験プラントの新設は2011年秋を予定していますが、これに先立つ本年4月1日より、社長直轄の「植物工場」推進プロジェクトを発足するとともに、高岡工場内に「植物工場」推進グループを新設し、専任者を配属しております。なお、高岡地区で実証試験に取り組むのは、富山県の地域性や、長年にわたる高岡工場における事業活動の特色等を考慮したものです。
 
本年は、設備の導入、栽培技術習得、試運転を実施し、栽培技術のノウハウを集積するとともに、当社で培われたものづくりの発想や計画的な生産・品質管理手法を導入し、来春の本格稼働を目指してまいります。実証プラントは、建屋床面積750平方メートル、投資総額は1億円を予定しています。
 
以上