北海道バイオイノベーション戦略が公表/生薬・漢方薬製造の拠点形成と関連産業誘致・密閉型植物工場による植物バイオ研究と実用化促進など

北海道経済産業局では、バイオテクノロジーを中核として産業振興を目指す「北海道バイオイノベーション戦略」を発表した。同産業の売上高を2020年度末に10年度末比約3倍の1500億円にし、従業員数は同34%増の2000人に増やすことを目標に掲げている。キーワードは「バイオで拓く新たな食・健康」。
 
 
先導的プロジェクトとして「生薬・漢方薬製造の拠点形成と関連産業誘致」「密閉型植物工場による植物バイオ研究と実用化促進」など3つを挙げた。特に生薬・漢方薬では「生薬栽培・研究拠点形成にかかわる産学官による研究会の設置」「育種栽培などにかかわる新技術導入などの研究開発の促進」「関連産業誘致を促進する支援措置の検討」などをアクションプランとして盛り込んでいる。
 
 
医療医薬分野での重点取り組みは「バイオ医薬品原料となる抗体などの供給・生産拠点の形成」「薬剤開発などのための基盤整備」「創薬などバイオベンチャーの発展支援」を掲げている。20年度末の個別目標としては海外展開企業数を80社、国内外大手企業へのライセンス供与件数を10件以上、研究所・事業所などの進出企業数を10社以上とした。
 
 
6月10日には北海道銀行主催「アグリビジネスフォーラム」が開催される。メインテーマは植物工場であり、各企業の担当者や海外事例ではオランダ王国大使館担当者が講演。その他、展示ブースも設けている国内では大規模な植物工場イベントである。その他、産業技術総合研究所の北海道センターでは、植物工場にて「インターフェロン含有イチゴ」や「ジャガイモの水耕栽培など、先進的な研究を進めており、今後の研究開発にも大きな期待が集まっている。<参考:日本産業新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  3. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  6. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  7. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  8. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  9. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る