太陽光発電によるエネルギー供給/照明時間の短縮・LED光源への切り替え<今後の両備グループの経営戦略について>

公共交通の両備ホールディングスでは、自社開発した植物工場システム「やさい蔵」の販売だけでなく、岡山市内の遊園地跡地には太陽光発電で得た電力を、工場運営エネルギーとして利用する(詳細記事)など、様々な取り組みを行っている。以下、日本経済新聞に掲載されたインタビュー記事を一部、掲載しておく。
 

◆今年2月に稼働した「京山ソーラー・グリーン・パーク」の状況は。

床面積240平方メートルの栽培室でレタス、カラシナ、ルッコラなど、30種の野菜やハーブを2万6千株育てている。細菌数の検査で、食品衛生法の基準を大きく下回った。満足できる結果だ。次の収穫分から本格出荷を始める」
 
◆植物工場システム「やさい蔵」の栽培の仕組みや特長は何か。

「61センチ×75センチの発泡スチロール製のシートにいくつも穴を開けたところに植える。シートは1列につなげて、培養液の入った長い水槽に浮かす。これを4〜5段の棚に置き、段ごとに照明を当てて育てる」
「温度や照明時間、液肥を管理するので天候に左右されない。安全安心で統一した規格の野菜ができる。作業効率も高い。作業員は培養液に浮いたシートをスーッと引っ張り、1カ所にで植え替えや収穫ができる」
 
◆栽培コストは。

「単位面積当たりの収穫量は一般的な植物工場より3割多い分、コストは低い。単に密生させるだけでは光が届かなくなるので、生育段階に応じてきめ細かく植え替える。レタス1株当たりのコストは開発当初は380円だったが、今は60円台にまで下がった。市場で露地物と対等に競合できる水準だ
 
◆震災後、節電の必要性が高まっている。
消費電力の少ないLEDに変えた。一般に電力使用量が多い昼間の照明をやめ、照明時間を1日9時間と半分にした。栽培期間は25日から30日に延びた。だが、栽培コストの6割を占める電気代が減るので収益性は変わらない
 
◆やさい蔵をどう売り込んでいくのか。
2010年度は5カ所(栽培面積1800平方メートル)を販売。11年度は10カ所(5千平方メートル)が目標だ。販売先は商社や運送会社、製造業者など。資材やノウハウの提供だけでなく、野菜の販売先確保まで支援する。栽培面積265平方メートルのタイプで導入コストは3600万円。3年で回収できる。アジアや北欧からの引き合いもある。震災後、首都圏の高級スーパーからの問い合わせもある」

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  2. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  3. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  4. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  3. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る