太陽光発電によるエネルギー供給/照明時間の短縮・LED光源への切り替え<今後の両備グループの経営戦略について>

公共交通の両備ホールディングスでは、自社開発した植物工場システム「やさい蔵」の販売だけでなく、岡山市内の遊園地跡地には太陽光発電で得た電力を、工場運営エネルギーとして利用する(詳細記事)など、様々な取り組みを行っている。以下、日本経済新聞に掲載されたインタビュー記事を一部、掲載しておく。
 

◆今年2月に稼働した「京山ソーラー・グリーン・パーク」の状況は。

床面積240平方メートルの栽培室でレタス、カラシナ、ルッコラなど、30種の野菜やハーブを2万6千株育てている。細菌数の検査で、食品衛生法の基準を大きく下回った。満足できる結果だ。次の収穫分から本格出荷を始める」
 
◆植物工場システム「やさい蔵」の栽培の仕組みや特長は何か。

「61センチ×75センチの発泡スチロール製のシートにいくつも穴を開けたところに植える。シートは1列につなげて、培養液の入った長い水槽に浮かす。これを4〜5段の棚に置き、段ごとに照明を当てて育てる」
「温度や照明時間、液肥を管理するので天候に左右されない。安全安心で統一した規格の野菜ができる。作業効率も高い。作業員は培養液に浮いたシートをスーッと引っ張り、1カ所にで植え替えや収穫ができる」
 
◆栽培コストは。

「単位面積当たりの収穫量は一般的な植物工場より3割多い分、コストは低い。単に密生させるだけでは光が届かなくなるので、生育段階に応じてきめ細かく植え替える。レタス1株当たりのコストは開発当初は380円だったが、今は60円台にまで下がった。市場で露地物と対等に競合できる水準だ
 
◆震災後、節電の必要性が高まっている。
消費電力の少ないLEDに変えた。一般に電力使用量が多い昼間の照明をやめ、照明時間を1日9時間と半分にした。栽培期間は25日から30日に延びた。だが、栽培コストの6割を占める電気代が減るので収益性は変わらない
 
◆やさい蔵をどう売り込んでいくのか。
2010年度は5カ所(栽培面積1800平方メートル)を販売。11年度は10カ所(5千平方メートル)が目標だ。販売先は商社や運送会社、製造業者など。資材やノウハウの提供だけでなく、野菜の販売先確保まで支援する。栽培面積265平方メートルのタイプで導入コストは3600万円。3年で回収できる。アジアや北欧からの引き合いもある。震災後、首都圏の高級スーパーからの問い合わせもある」

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  2. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  6. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  7. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  8. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  9. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  2. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  3. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  4. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
ページ上部へ戻る