直売所・農家レストラン・農業体験ツアーなど地方の農と食の「サービス」に特化した初めての農商工連携人材育成事業

当法人と提携機関であるNPO法人農商工連携サポートセンターでは以下のような地方の食と農の「サービス」に特化した初めての農商工連携人材育成事業を実施いたします。受講料自体は無料ですので、ご興味がある方は是非ともご応募下さい。ただし、応募者多数の場合は書類選考させていただきますので、ご了承下さい。
 
 
「食農サービス起業塾」

「食農サービス起業塾」とは、直売所、農家レストラン、農業体験ツアーなど、地方の食と農の「サービス」に特化した初めての農商工連携人材育成事業。応募条件は、直売所、農家レストラン、体験農業などで起業を目指している方で、講座、実地研修ともに全会出席できる人なら年齢問わず参加が可能。募集人数は20名で、受講料は無料です。
 
 
所定の単位(時間数)を取得し、最終回に事業計画を発表した修了者には全国中小企業団体中央会より修了証が交付されるとともに、中央会のウェブサイト「農商工連携Platz」に専門家として登録されます。プログラムの詳細とお申し込みはこちらから
 

「食農サービス起業塾」のプログラム概要
===================================
【主催】NPO法人農商工連携サポートセンター
【研修スケジュール】7月2日(土)〜11月12日(土)
【研修実施場所】
  ちよだプラットフォームスクウェア会議室
  東京都千代田区神田錦町3−21
   ※7/17〜7/18は長野県安曇野、9/17〜9/18は静岡県富士宮市で合宿(1泊2
日)。
【講師】
  大塚洋一郎(農商工連携サポートセンター 代表理事)
  澁澤栄(東京農工大学 教授)
  杉本淳(えがおつなげて 理事)
  毛賀澤明宏(産直新聞 編集長)
  大寺規夫(ビジネスアソシエイツ 代表)
  光井将宇(中小企業基盤整備機構サブマネージャー)
  大和田順子(ロハスビジネスアライアンス 共同代表)
  清水慎一(JTB 常務取締役)
  西辻一真(マイファーム 代表取締役)
  松木一浩(ビオファームまつき 代表取締役)

【応募資格】
  講座、実地研修ともに全回出席できる方。
  ※農林漁業者及びこれから起業を考えている方を優先します。
【受講料】 無料
     ※ただしテキストとして使用する書籍1400円及び実習先
      の食費については実費をいただきます。
【募集期間】 5月18日(水)〜6月20日(月)17:00
【定員】  20名
   応募者多数の場合は書類選考させていただきます。
   選考結果は6月22日までにメールでお知らせします。
【お問い合わせ】
   NPO法人農商工連携サポートセンター 担当:近藤
   TEL/FAX:03−5259−8097
   info@npo-noshokorenkei.jp

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  2. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  7. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  8. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  2. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
ページ上部へ戻る