直売所・農家レストラン・農業体験ツアーなど地方の農と食の「サービス」に特化した初めての農商工連携人材育成事業

当法人と提携機関であるNPO法人農商工連携サポートセンターでは以下のような地方の食と農の「サービス」に特化した初めての農商工連携人材育成事業を実施いたします。受講料自体は無料ですので、ご興味がある方は是非ともご応募下さい。ただし、応募者多数の場合は書類選考させていただきますので、ご了承下さい。
 
 
「食農サービス起業塾」

「食農サービス起業塾」とは、直売所、農家レストラン、農業体験ツアーなど、地方の食と農の「サービス」に特化した初めての農商工連携人材育成事業。応募条件は、直売所、農家レストラン、体験農業などで起業を目指している方で、講座、実地研修ともに全会出席できる人なら年齢問わず参加が可能。募集人数は20名で、受講料は無料です。
 
 
所定の単位(時間数)を取得し、最終回に事業計画を発表した修了者には全国中小企業団体中央会より修了証が交付されるとともに、中央会のウェブサイト「農商工連携Platz」に専門家として登録されます。プログラムの詳細とお申し込みはこちらから
 

「食農サービス起業塾」のプログラム概要
===================================
【主催】NPO法人農商工連携サポートセンター
【研修スケジュール】7月2日(土)〜11月12日(土)
【研修実施場所】
  ちよだプラットフォームスクウェア会議室
  東京都千代田区神田錦町3−21
   ※7/17〜7/18は長野県安曇野、9/17〜9/18は静岡県富士宮市で合宿(1泊2
日)。
【講師】
  大塚洋一郎(農商工連携サポートセンター 代表理事)
  澁澤栄(東京農工大学 教授)
  杉本淳(えがおつなげて 理事)
  毛賀澤明宏(産直新聞 編集長)
  大寺規夫(ビジネスアソシエイツ 代表)
  光井将宇(中小企業基盤整備機構サブマネージャー)
  大和田順子(ロハスビジネスアライアンス 共同代表)
  清水慎一(JTB 常務取締役)
  西辻一真(マイファーム 代表取締役)
  松木一浩(ビオファームまつき 代表取締役)

【応募資格】
  講座、実地研修ともに全回出席できる方。
  ※農林漁業者及びこれから起業を考えている方を優先します。
【受講料】 無料
     ※ただしテキストとして使用する書籍1400円及び実習先
      の食費については実費をいただきます。
【募集期間】 5月18日(水)〜6月20日(月)17:00
【定員】  20名
   応募者多数の場合は書類選考させていただきます。
   選考結果は6月22日までにメールでお知らせします。
【お問い合わせ】
   NPO法人農商工連携サポートセンター 担当:近藤
   TEL/FAX:03−5259−8097
   info@npo-noshokorenkei.jp

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  2. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  3. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  4. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  5. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  6. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  4. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
ページ上部へ戻る