大麻市場の非合法・負のイメージを払しょくし、クリーンで豊かな生活を約束するキッチン植物工場を提案する企業(Northern Lights)

過去にも国内の飲食店向けの小型プラント冷蔵庫に植物工場が内蔵されたアイデアなどをご紹介したが、今回はキッチン植物工場の販売情報である。今回の新商品を販売するのは、カナダのバンクーバーで成功している水耕装置販売企業の一つであるBC Northern Lights社。富裕層をターゲットに新鮮なハーブやベビーリーフが栽培できるキッチン植物工場装置の販売という、従来のターゲットとは異なる人々へのビジネスに乗り出した。



BC Northern Lights社は10年以上に渡り、主に大麻(主に医療用目的だが、購入者によっては非合法な栽培も含む)栽培のための水耕装置8000台以上を売り上げてきた成功企業の一つである。メンバーの経歴やバックグラウンドも様々で、今までは大麻生産装置という負のイメージがつきまとうビジネスであったが、今回はよりクリーンな分野であり、親・子供、家族が喜んで購入するハイテクなキッチン植物工場の開発を目指した


今回の新装置販売をキッカケに、再ブランディングをはかり、今までの大麻生産装置の販売は巨大市場である医療大麻市場にターゲットを絞りながら、「非合法」なマイナスイメージから脱却をはかろう、という転換点に立っている所である。
医療大麻用・植物工場ビジネスについては先日、発行した調査レポートに詳細が記載されております


今回のキッチン植物工場は、基本的には自動制御されており、経験のない人でも誰でも栽培できるようなシステムとなっている。栽培品種はバジルやパセリ、マジョラム、チャイブ、ベビーリーフなどが栽培可能。標準サイズでは、高さ2m、横1.2mくらいのミニ冷蔵庫サイズであり、ホテルにあるドリンクのための冷蔵庫(ミニバー)をイメージして開発されている。よって販売ターゲットとしては、家庭向け・富裕層以外にも、B to Bでは高級レストランやホテルを想定しており現在、連携を図っている所である。(例えば、Pear TreeレストランFour Seasonsリゾートホテルなど)


同社によると、家庭で栽培する際にも、種付け・定植作業や養液の注入、その他のメンテナンスも含め1週間に15分くらいの作業時間で十分である、と説明している。サイズや機能・デザインによっても価格が異なるが、商業用(ホテルやレストランなど)となると6000ドルと高額だが、家庭用の装置であれば2000ドルくらいの販売価格を想定している、という。


また今回のキッチン植物工場の導入メリットとして、無農薬な新鮮ハーブ野菜を手軽に栽培でき、健康になるだけでなく、経済的なメリット(投資リターン)もあり、ハーブやベビーリーフといった販売価格の高い野菜を栽培することで、年間に1000ドル以上の食材費を節約できる家庭用であれば約2年、少しサイズが大きく・栽培品種も豊富な商業用であれば約1年でも十分、初期投資を回収できるくらいのリターンがある、と同社は主張している。今後の動向に要注目である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  2. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  3. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  4. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  5. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  10. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る