大麻市場の非合法・負のイメージを払しょくし、クリーンで豊かな生活を約束するキッチン植物工場を提案する企業(Northern Lights)

過去にも国内の飲食店向けの小型プラント冷蔵庫に植物工場が内蔵されたアイデアなどをご紹介したが、今回はキッチン植物工場の販売情報である。今回の新商品を販売するのは、カナダのバンクーバーで成功している水耕装置販売企業の一つであるBC Northern Lights社。富裕層をターゲットに新鮮なハーブやベビーリーフが栽培できるキッチン植物工場装置の販売という、従来のターゲットとは異なる人々へのビジネスに乗り出した。



BC Northern Lights社は10年以上に渡り、主に大麻(主に医療用目的だが、購入者によっては非合法な栽培も含む)栽培のための水耕装置8000台以上を売り上げてきた成功企業の一つである。メンバーの経歴やバックグラウンドも様々で、今までは大麻生産装置という負のイメージがつきまとうビジネスであったが、今回はよりクリーンな分野であり、親・子供、家族が喜んで購入するハイテクなキッチン植物工場の開発を目指した


今回の新装置販売をキッカケに、再ブランディングをはかり、今までの大麻生産装置の販売は巨大市場である医療大麻市場にターゲットを絞りながら、「非合法」なマイナスイメージから脱却をはかろう、という転換点に立っている所である。
医療大麻用・植物工場ビジネスについては先日、発行した調査レポートに詳細が記載されております


今回のキッチン植物工場は、基本的には自動制御されており、経験のない人でも誰でも栽培できるようなシステムとなっている。栽培品種はバジルやパセリ、マジョラム、チャイブ、ベビーリーフなどが栽培可能。標準サイズでは、高さ2m、横1.2mくらいのミニ冷蔵庫サイズであり、ホテルにあるドリンクのための冷蔵庫(ミニバー)をイメージして開発されている。よって販売ターゲットとしては、家庭向け・富裕層以外にも、B to Bでは高級レストランやホテルを想定しており現在、連携を図っている所である。(例えば、Pear TreeレストランFour Seasonsリゾートホテルなど)


同社によると、家庭で栽培する際にも、種付け・定植作業や養液の注入、その他のメンテナンスも含め1週間に15分くらいの作業時間で十分である、と説明している。サイズや機能・デザインによっても価格が異なるが、商業用(ホテルやレストランなど)となると6000ドルと高額だが、家庭用の装置であれば2000ドルくらいの販売価格を想定している、という。


また今回のキッチン植物工場の導入メリットとして、無農薬な新鮮ハーブ野菜を手軽に栽培でき、健康になるだけでなく、経済的なメリット(投資リターン)もあり、ハーブやベビーリーフといった販売価格の高い野菜を栽培することで、年間に1000ドル以上の食材費を節約できる家庭用であれば約2年、少しサイズが大きく・栽培品種も豊富な商業用であれば約1年でも十分、初期投資を回収できるくらいのリターンがある、と同社は主張している。今後の動向に要注目である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  2. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  3. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  4. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  8. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  9. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  10. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  2. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  3. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  4. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
ページ上部へ戻る