日本一豊富な種類の梅酒・オリジナルブランド豚・植物工場による店産店消の推進/ 医・食・農が一体となった店舗「梅酒ダイニング明星」がオープン

2011年5月16日に飯田橋にオープンした梅酒ダイニング明星について、先日のプレス説明会・レセプションパーティーに参加させて頂いたので、簡単にご報告させて頂きます。梅酒ダイニング明星は、日本で一番豊富な種類の梅酒が飲めるお店として、経営は株式会社リバネス、運営はライナ株式会社、そしてプロデュースは梅酒研究会という3社協力体制によって、オープンさせた店舗である。
 
 
プロデュースを行った梅酒研究会は、5年半に渡って活動しており、日本一の梅酒を決める大会(天満天神梅酒大会)や書籍出版(極上の梅酒)への協力、定期的な研究会を開催している団体である。(店内にも、現在400種類の梅酒を設置しており、今後は1000種類まで増やす予定:写真は同社WEBサイトより)


 
また、リバネスではサブウェイ・野菜ラボ丸ビル店(東京)を含め、店舗併設型の植物工場を開発しており、今回の新店舗をキッカケに、医師や栄養士と連携しながら梅酒に合わせた薬膳料理の提供や科学的な健康調査、植物工場の普及など、同店を医・食・農が連携できる場所として展開していく予定である。
 

 
店舗内に併設した植物工場はサブウェイに設置している装置と基本的な部分は同じだが、店舗併設用として狭いスペースでも設置ができるように、スライド式を採用することで、扉を全て開けずに作業が行えるような工夫がある。また空調部分でも、全体を冷やすのではなく、局所的な空調管理・冷却ができることが特徴。光源は、赤や青色の波長を含ませた植物育成用蛍光灯を採用している。以下、簡単なプレスリリース・関連動画を掲載しておく。
 

 

2011年5月16日(月)、飯田橋に日本で一番豊富な種類の梅酒が飲めるお店「梅酒ダイニング明星(みょうじょう)」がオープンします。明星は、都内市中病院で臨床の最前線で活躍している明星智洋氏をはじめ、梅酒をこよなく愛し、日々美味しい梅酒を探求する梅酒研究会が初めてプロデュースしました(梅酒研究会:http://www.umeshu-sg.jp/)。経営は株式会社リバネス、運営はライナ株式会社が担当し、3社共同で展開していきます。
 
お店で提供する料理は、エコフィード(余剰食品残さを飼料化したリサイクル飼料)で育てたオリジナルブランド豚「福幸豚(ふくゆきぶた)」や植物工場で育てた野菜を中心とし、健康とエコロジーにこだわったコンセプトとなっています。また、店舗内には植物工場を設置し、育てた野菜をその場で摘んでサラダバーで提供する「店産店消」の取組みを実施します。
 
さらに、近年、農林水産業や食品産業の振興において、医療と連携してサービスを展開する「医食農連携」が着目され始めていますが、「梅酒ダイニング明星」ではこれに先駆け、医療界と連携して健康を考慮したメニューを開発・提供したり、店舗でメディカルセミナーを実施するなど、医・食・農が一体となった店舗運営を目指します。
 
もちろん梅酒のラインナップは日本一を目指しており、普段は飲むことのできない珍しい梅酒も数多く取り揃えています。健康で美味しい料理の数々と新鮮な野菜、そしてなによりたくさんの美味しい梅酒を取り揃えて皆様をお待ち申し上げております。
URL: http://www.umeshudining.com/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  2. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  3. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  4. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  8. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  9. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  10. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
ページ上部へ戻る