日本一豊富な種類の梅酒・オリジナルブランド豚・植物工場による店産店消の推進/ 医・食・農が一体となった店舗「梅酒ダイニング明星」がオープン

2011年5月16日に飯田橋にオープンした梅酒ダイニング明星について、先日のプレス説明会・レセプションパーティーに参加させて頂いたので、簡単にご報告させて頂きます。梅酒ダイニング明星は、日本で一番豊富な種類の梅酒が飲めるお店として、経営は株式会社リバネス、運営はライナ株式会社、そしてプロデュースは梅酒研究会という3社協力体制によって、オープンさせた店舗である。
 
 
プロデュースを行った梅酒研究会は、5年半に渡って活動しており、日本一の梅酒を決める大会(天満天神梅酒大会)や書籍出版(極上の梅酒)への協力、定期的な研究会を開催している団体である。(店内にも、現在400種類の梅酒を設置しており、今後は1000種類まで増やす予定:写真は同社WEBサイトより)


 
また、リバネスではサブウェイ・野菜ラボ丸ビル店(東京)を含め、店舗併設型の植物工場を開発しており、今回の新店舗をキッカケに、医師や栄養士と連携しながら梅酒に合わせた薬膳料理の提供や科学的な健康調査、植物工場の普及など、同店を医・食・農が連携できる場所として展開していく予定である。
 

 
店舗内に併設した植物工場はサブウェイに設置している装置と基本的な部分は同じだが、店舗併設用として狭いスペースでも設置ができるように、スライド式を採用することで、扉を全て開けずに作業が行えるような工夫がある。また空調部分でも、全体を冷やすのではなく、局所的な空調管理・冷却ができることが特徴。光源は、赤や青色の波長を含ませた植物育成用蛍光灯を採用している。以下、簡単なプレスリリース・関連動画を掲載しておく。
 

 

2011年5月16日(月)、飯田橋に日本で一番豊富な種類の梅酒が飲めるお店「梅酒ダイニング明星(みょうじょう)」がオープンします。明星は、都内市中病院で臨床の最前線で活躍している明星智洋氏をはじめ、梅酒をこよなく愛し、日々美味しい梅酒を探求する梅酒研究会が初めてプロデュースしました(梅酒研究会:http://www.umeshu-sg.jp/)。経営は株式会社リバネス、運営はライナ株式会社が担当し、3社共同で展開していきます。
 
お店で提供する料理は、エコフィード(余剰食品残さを飼料化したリサイクル飼料)で育てたオリジナルブランド豚「福幸豚(ふくゆきぶた)」や植物工場で育てた野菜を中心とし、健康とエコロジーにこだわったコンセプトとなっています。また、店舗内には植物工場を設置し、育てた野菜をその場で摘んでサラダバーで提供する「店産店消」の取組みを実施します。
 
さらに、近年、農林水産業や食品産業の振興において、医療と連携してサービスを展開する「医食農連携」が着目され始めていますが、「梅酒ダイニング明星」ではこれに先駆け、医療界と連携して健康を考慮したメニューを開発・提供したり、店舗でメディカルセミナーを実施するなど、医・食・農が一体となった店舗運営を目指します。
 
もちろん梅酒のラインナップは日本一を目指しており、普段は飲むことのできない珍しい梅酒も数多く取り揃えています。健康で美味しい料理の数々と新鮮な野菜、そしてなによりたくさんの美味しい梅酒を取り揃えて皆様をお待ち申し上げております。
URL: http://www.umeshudining.com/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  2. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  6. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  9. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  10. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  2. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  3. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る