2007年から企業の農業参入支援を開始した大分県・4年間で106社の参入/建設業が多く露地・ハウス・キノコ栽培など栽培作物は幅広い

企業の農業参入を後押ししている大分県は、2010年度までの4年間に106社の参入があり、目標としていた105社の参入を達成したと発表した。公共事業の減少傾向などから建設業者からの参入が多く、販売額も4年間で約98億6千万円となり、07年に立てた目標の105億円をほぼ達成した。担当課は、雇用や地域経済、耕作放棄地の活用面などでの効果が徐々に上がっているとみている。
 

 
農業の後継者不足を懸念する県は2007年度から農地あっせんや農業技術指導、制度融資などの支援策をスタートした。企業側もリーマン・ショック後の不況や公共事業減少などを受け、産業としての農業への関心が高まっている。県農山漁村・担い手支援課によると、この4年間の参入106社の割合は、県内企業が83社(78%)、県外企業が23社(22%)だった2010年度は県外から6社だったのに対し、県内からは29社が参入。地元企業の進出ぶりが目立つ
 
 
また、参入した企業を業種別にみると、最も多かったのは建設業(43社)で40%を占めた。次いで食品・飲食業が18%、農業12%、製造業6%だったこの4年間で参入した建設業43社はすべて県内企業だった。同課企業参入支援班は「公共工事が減り、建設業からの参入が多くなったようだ」と話している。参入企業を農作物別でみると、露地野菜の栽培をする企業が30社で最も多く、26%を占めた。次いでビニールハウスなどを使った施設野菜の栽培が25社(21%)しいたけ栽培の24社(20%)果樹が17社(15%)と続く。
 
 
一連の企業参入による農業従事者について、4年間で正社員が347人、パートが732人で、県の当初の目標がほぼ達成されており、地元の雇用創出につながっているとみている。活用された耕地面積は457ヘクタールで、うち28%にあたる127ヘクタールが、耕作放棄地だったという。同課企業参入支援班の担当者は「更に多くの法人に来てもらって県内の農業生産を増やし、働く場を増やしたい。耕作放棄地もどんどん活用して減らしたい」と話している。<参考記事:asahi.comより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  7. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  8. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る