2007年から企業の農業参入支援を開始した大分県・4年間で106社の参入/建設業が多く露地・ハウス・キノコ栽培など栽培作物は幅広い

企業の農業参入を後押ししている大分県は、2010年度までの4年間に106社の参入があり、目標としていた105社の参入を達成したと発表した。公共事業の減少傾向などから建設業者からの参入が多く、販売額も4年間で約98億6千万円となり、07年に立てた目標の105億円をほぼ達成した。担当課は、雇用や地域経済、耕作放棄地の活用面などでの効果が徐々に上がっているとみている。
 

 
農業の後継者不足を懸念する県は2007年度から農地あっせんや農業技術指導、制度融資などの支援策をスタートした。企業側もリーマン・ショック後の不況や公共事業減少などを受け、産業としての農業への関心が高まっている。県農山漁村・担い手支援課によると、この4年間の参入106社の割合は、県内企業が83社(78%)、県外企業が23社(22%)だった2010年度は県外から6社だったのに対し、県内からは29社が参入。地元企業の進出ぶりが目立つ
 
 
また、参入した企業を業種別にみると、最も多かったのは建設業(43社)で40%を占めた。次いで食品・飲食業が18%、農業12%、製造業6%だったこの4年間で参入した建設業43社はすべて県内企業だった。同課企業参入支援班は「公共工事が減り、建設業からの参入が多くなったようだ」と話している。参入企業を農作物別でみると、露地野菜の栽培をする企業が30社で最も多く、26%を占めた。次いでビニールハウスなどを使った施設野菜の栽培が25社(21%)しいたけ栽培の24社(20%)果樹が17社(15%)と続く。
 
 
一連の企業参入による農業従事者について、4年間で正社員が347人、パートが732人で、県の当初の目標がほぼ達成されており、地元の雇用創出につながっているとみている。活用された耕地面積は457ヘクタールで、うち28%にあたる127ヘクタールが、耕作放棄地だったという。同課企業参入支援班の担当者は「更に多くの法人に来てもらって県内の農業生産を増やし、働く場を増やしたい。耕作放棄地もどんどん活用して減らしたい」と話している。<参考記事:asahi.comより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  3. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  4. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  5. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  7. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  8. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  9. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  2. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る