工場の自動装置開発などの技術・ノウハウを生かし、LED小型植物工場への参入/福祉作業所での普及・事業化を目指す<水口電装>

山口県・下関市にある電気機器メーカー水口電装は、倉庫にある大型保冷庫を利用した「栽培箱」(完全人工型)で、ルッコラやバジルなどの葉物野菜の栽培を行っている。光源は、LED照明を採用。同社は、半導体の洗浄装置や化学工場などの自動装置を開発する会社であり、農業分野への進出は初めてだが、これまで培った基礎技術を駆使し、栽培に使うミニプラントの実用化を目指している。
 

<写真は同社ブログより引用>

 
開発している装置は、幅120センチ、奥行き60センチの栽培棚やLED照明、ポンプが1セットで、これを幾重にも重ねることで規模を拡大できる。一つの栽培棚で葉物野菜24株の栽培が可能であり、種から収穫までの期間は30〜35日間と、土に比べて半分で済む。光量や光の色によって野菜の有用成分が増えることも分かっており、その環境をどのように作り出すのか、といった研究も進めている。
 
 
植物工場開発を行うキッカケは、同社常務の水口昭弘さんが、山口大学農学部の植物工場管理技術者育成プロジェクトに参加したことがきっかけだった。「狭い施設でもそれほど労力は必要なく、安定的な収入が確保できるかもしれない」。障害のある家族がいる水口さんは、不況で仕事の受注が減っている福祉作業所での事業化を思いついた
 
 
育成プロジェクトでは植物工場の経営ノウハウも学んだ。課題はLEDの初期投資に対する採算だ。一般の蛍光灯に比べ、消費電力は半分で寿命も5倍長いとされるが、価格は高い。少ないLEDで効率よく光度を得られるように、照明器具の改良を進めている。将来のLEDの低価格化も想定し、ミニプラントの販売は来春を見据える。水口さんは「人工的なイメージを払拭(ふっしょく)するため、小分け販売や栄養価を高めるなど付加価値をつけ、消費者の信頼を得られれば事業ベースも夢ではない」と意気込んでいる。<参考:Asahi.comより>
 

関連情報
■ 【調査レポート】海外における都市型農業(アーバンファーム)ビジネスの現状・事例紹介/海外における植物工場事例、ケースモデルなどを掲載しております

■ 【講演・勉強会の募集】 様々な分野における講演やケーススタディを利用した勉強会、人材教育(研修会)、執筆依頼などを受付けております。