工場の自動装置開発などの技術・ノウハウを生かし、LED小型植物工場への参入/福祉作業所での普及・事業化を目指す<水口電装>

山口県・下関市にある電気機器メーカー水口電装は、倉庫にある大型保冷庫を利用した「栽培箱」(完全人工型)で、ルッコラやバジルなどの葉物野菜の栽培を行っている。光源は、LED照明を採用。同社は、半導体の洗浄装置や化学工場などの自動装置を開発する会社であり、農業分野への進出は初めてだが、これまで培った基礎技術を駆使し、栽培に使うミニプラントの実用化を目指している。
 

<写真は同社ブログより引用>

 
開発している装置は、幅120センチ、奥行き60センチの栽培棚やLED照明、ポンプが1セットで、これを幾重にも重ねることで規模を拡大できる。一つの栽培棚で葉物野菜24株の栽培が可能であり、種から収穫までの期間は30〜35日間と、土に比べて半分で済む。光量や光の色によって野菜の有用成分が増えることも分かっており、その環境をどのように作り出すのか、といった研究も進めている。
 
 
植物工場開発を行うキッカケは、同社常務の水口昭弘さんが、山口大学農学部の植物工場管理技術者育成プロジェクトに参加したことがきっかけだった。「狭い施設でもそれほど労力は必要なく、安定的な収入が確保できるかもしれない」。障害のある家族がいる水口さんは、不況で仕事の受注が減っている福祉作業所での事業化を思いついた
 
 
育成プロジェクトでは植物工場の経営ノウハウも学んだ。課題はLEDの初期投資に対する採算だ。一般の蛍光灯に比べ、消費電力は半分で寿命も5倍長いとされるが、価格は高い。少ないLEDで効率よく光度を得られるように、照明器具の改良を進めている。将来のLEDの低価格化も想定し、ミニプラントの販売は来春を見据える。水口さんは「人工的なイメージを払拭(ふっしょく)するため、小分け販売や栄養価を高めるなど付加価値をつけ、消費者の信頼を得られれば事業ベースも夢ではない」と意気込んでいる。<参考:Asahi.comより>
 

関連情報
■ 【調査レポート】海外における都市型農業(アーバンファーム)ビジネスの現状・事例紹介/海外における植物工場事例、ケースモデルなどを掲載しております

■ 【講演・勉強会の募集】 様々な分野における講演やケーススタディを利用した勉強会、人材教育(研修会)、執筆依頼などを受付けております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  5. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  8. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  9. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  10. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  3. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る