工場の自動装置開発などの技術・ノウハウを生かし、LED小型植物工場への参入/福祉作業所での普及・事業化を目指す<水口電装>

山口県・下関市にある電気機器メーカー水口電装は、倉庫にある大型保冷庫を利用した「栽培箱」(完全人工型)で、ルッコラやバジルなどの葉物野菜の栽培を行っている。光源は、LED照明を採用。同社は、半導体の洗浄装置や化学工場などの自動装置を開発する会社であり、農業分野への進出は初めてだが、これまで培った基礎技術を駆使し、栽培に使うミニプラントの実用化を目指している。
 

<写真は同社ブログより引用>

 
開発している装置は、幅120センチ、奥行き60センチの栽培棚やLED照明、ポンプが1セットで、これを幾重にも重ねることで規模を拡大できる。一つの栽培棚で葉物野菜24株の栽培が可能であり、種から収穫までの期間は30〜35日間と、土に比べて半分で済む。光量や光の色によって野菜の有用成分が増えることも分かっており、その環境をどのように作り出すのか、といった研究も進めている。
 
 
植物工場開発を行うキッカケは、同社常務の水口昭弘さんが、山口大学農学部の植物工場管理技術者育成プロジェクトに参加したことがきっかけだった。「狭い施設でもそれほど労力は必要なく、安定的な収入が確保できるかもしれない」。障害のある家族がいる水口さんは、不況で仕事の受注が減っている福祉作業所での事業化を思いついた
 
 
育成プロジェクトでは植物工場の経営ノウハウも学んだ。課題はLEDの初期投資に対する採算だ。一般の蛍光灯に比べ、消費電力は半分で寿命も5倍長いとされるが、価格は高い。少ないLEDで効率よく光度を得られるように、照明器具の改良を進めている。将来のLEDの低価格化も想定し、ミニプラントの販売は来春を見据える。水口さんは「人工的なイメージを払拭(ふっしょく)するため、小分け販売や栄養価を高めるなど付加価値をつけ、消費者の信頼を得られれば事業ベースも夢ではない」と意気込んでいる。<参考:Asahi.comより>
 

関連情報
■ 【調査レポート】海外における都市型農業(アーバンファーム)ビジネスの現状・事例紹介/海外における植物工場事例、ケースモデルなどを掲載しております

■ 【講演・勉強会の募集】 様々な分野における講演やケーススタディを利用した勉強会、人材教育(研修会)、執筆依頼などを受付けております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  4. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  6. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  2. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
ページ上部へ戻る