スマートフォンから小型のLED植物工場を遠隔制御。育成記録はクラウド化・サーバ上で保管し、多方面に利用を検討(ブリリアントサービス)

今までも家庭用サイズの小型・植物工場とPCをつないだサービスについて、国内外での様々な事例をご紹介してきた(例えば国内ではアイティプランツ社の事例、海外ではClick & Growの事例など)。その他にも、実験的なプロジェクトではあるものの、iPhoneなどの携帯電話から遠隔操作ができる世界最小LED植物工場の事例も過去に取り上げたことがあった。
 
 
今回、ブリリアントサービス本プロジェクト専用サイト)では、グーグルが開発した携帯端末用基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォンを使って、小型のLED植物工場を栽培・遠隔管理、参加者が生育したデータはネットワークを介して情報システムを提供するクラウドコンピューティングのサーバ上で保管できるサービスの開発を行っている。将来的には、過去の栽培記録を自動再生できたり、参加者自身が保持している栽培記録・ノウハウを登録して販売することも視野に入れている、という。
 

<同社が提案するfarmbox, カリフォルニアの展示会にて発表予定>

<クラウド技術を利用した生育データ管理イメージ図(写真・図は同社のプレスリリースより>

 
国内において、農業分野のIT(情報技術)導入が遅れていることは周知のことであり、2006年の農水省調査によると、農業経営にIT(情報技術)機器を利用している比率は24%、といった調査結果もある。普段からPCや携帯電話・スマートフォンを生活の一部として利用している人々に家庭菜園から始めてもらい、別の角度から農業分野へのIT化を進めていくことも、一つのアイデアではないだろうか。同社の取り組みは非常に期待ができ、今後も継続的に経過報告などを行っていきたい、と考えております。以下、同社によるプレスリリースです。
 

Android OSとクラウドシステムに対応した/LED植物工場『farmbox』を発表
〜 同時に「farmbox Alliance」を結成・共同開発メンバーの募集を開始 〜

株式会社ブリリアントサービス(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:杉本 礼彦)は、Android OS上の動作及びクラウドシステムによるデータ蓄積・活用技術を特徴とするLED植物工場『farmbox(ファームボックス)』を開発、本日(5月11日)カリフォルニアにて開催している「Google I/O 2011 Developer Conference」にて発表致します。

併せて、「farmbox Alliance(ファームボックス・アライアンス)」を結成し、farmboxの共同開発を行うメンバー(企業・団体)を募集致します。

<『farmbox』(英語) URL>
http://sites.google.com/site/bsfarmbox/

<「Google I/O 2011 Developer Conference」(英語) URL>
http://www.google.com/events/io/2011/index-live.html
 
【『farmbox』の概要】
『farmbox』は下記の特長をもつ、LED照明を用いた完全制御型の植物工場のプロダクトです。

◆Android OSをベースとした、太陽光を必要としない完全制御型植物工場
◆Android携帯端末から下記のような制御・管理が可能
 ・植物の育成に光源であるLED照明を制御
 ・栽培状況(植物の画像、気温、水温など)の監視
◆クラウドシステムを有効活用する下記の機能を実現(一部開発中)
 ・植物の育成状況(光源パターンなど)を自動的にクラウド上に栽培記録として保存
 ・過去の栽培記録を元に光源パターンを自動再生することにより、自動栽培が可能
 ・栽培記録をマーケットに登録して販売、他者が作成した育成データをマーケットから購入し、自身の栽培データとして再生することで栽培を行う
 ・マーケットに保存された大量の栽培記録をデータマイニングし、栽培環境と生育状況に関する統計情報から植物に関する新たな知見を導きだす
 
【「farmbox Alliance」結成 及び メンバー募集について】
「farmbox Alliance」は『farmbox』の開発を目的とした、様々な業界・業種からなる共同開発チームです。今回、アライアンスの結成において企業・大学等から、下記に該当するメンバーを募集致します。

◆ハードウェア開発
 ・筐体開発の実績がある企業または団体
 ・循環系開発(ポンプ、配管等)の実績がある企業または団体
 ・植物工場用LED照明開発の実績がある企業または団体
 ・センサ系開発(防水加工された温度・湿度・照度センサ、水溶液の濃度センサなど)の実績がある企業または団体
◆農業関係者・研究者・学者等
 ・水耕栽培の実績がある者

上記に該当しない場合でも、弊社が特別に認可した場合も加入可能です。興味がございます企業様・団体様は、下記お問い合わせ先へご連絡下さい。

詳細はプレスリリースにて

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  2. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  3. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  4. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  5. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  6. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  7. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  10. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  2. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
ページ上部へ戻る