独特の風味を持つハーブ水耕栽培によりベビーリーフを年間・安定的に生産/都心部の小売店・飲食店に対するサラダ向け需要を狙って拡大予定(ベジ・ドリーム)

土木・建築資材販売の炭平コーポレーションと鉄筋工事業の西松が共同出資で2004年に設立した「ベジ・ドリーム」(長野市)では、ルッコラ、セロリ、クレソン、ビート、エンダイブなどの柔らかな幼葉(ベビーリーフ)をミックスした商品(ヤングリーフ)を水耕栽培にて、年間・安定的に供給している。コンピューター管理システムなどによる効率的・工業的な生産方式を導入したハーブの水耕栽培に特化した企業である。<以下、写真は同社WEBサイトより>
 

 
先月からは東京・名古屋での販路開拓を開始。生産品種や栽培方法を変えながら「市場のニーズにあった商品を供給する」(大藤善孝副社長)ことや、都市部の有名レストランでの利用実績を売りに販路を開拓していきたい、という。都市部では、小売店や飲食チェーンなどのサラダ向けの独特の風味を持つハーブ野菜の需要が高まっており、赤や黄色といった鮮やかな品種のハーブ野菜(ベビーリーフ)は、サラダ向けに業務用と小売り向けの双方で需要が高まっていると判断した。
 
 
既に、東京と名古屋のそれぞれで大手食品卸会社と取引を開始しており、今後は新規市場を見込み、生産体制も拡充する。現在は長野市と坂城町の2カ所の自社農場(長野:ハウス面積・約2890平方メートル/坂城町:ハウス面積・約2200平方メートル)と、協力農場の3拠点で生産している。今年の夏には、利用されていないビニールハウスを活用し、約2000万円を投じて坂城町でも農場を新設する予定である。合計の生産面積は約17%増え、約7000平方メートルになる。<参考記事:日本経済新聞など>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  3. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  4. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  5. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  8. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  9. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  10. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
ページ上部へ戻る