独特の風味を持つハーブ水耕栽培によりベビーリーフを年間・安定的に生産/都心部の小売店・飲食店に対するサラダ向け需要を狙って拡大予定(ベジ・ドリーム)

土木・建築資材販売の炭平コーポレーションと鉄筋工事業の西松が共同出資で2004年に設立した「ベジ・ドリーム」(長野市)では、ルッコラ、セロリ、クレソン、ビート、エンダイブなどの柔らかな幼葉(ベビーリーフ)をミックスした商品(ヤングリーフ)を水耕栽培にて、年間・安定的に供給している。コンピューター管理システムなどによる効率的・工業的な生産方式を導入したハーブの水耕栽培に特化した企業である。<以下、写真は同社WEBサイトより>
 

 
先月からは東京・名古屋での販路開拓を開始。生産品種や栽培方法を変えながら「市場のニーズにあった商品を供給する」(大藤善孝副社長)ことや、都市部の有名レストランでの利用実績を売りに販路を開拓していきたい、という。都市部では、小売店や飲食チェーンなどのサラダ向けの独特の風味を持つハーブ野菜の需要が高まっており、赤や黄色といった鮮やかな品種のハーブ野菜(ベビーリーフ)は、サラダ向けに業務用と小売り向けの双方で需要が高まっていると判断した。
 
 
既に、東京と名古屋のそれぞれで大手食品卸会社と取引を開始しており、今後は新規市場を見込み、生産体制も拡充する。現在は長野市と坂城町の2カ所の自社農場(長野:ハウス面積・約2890平方メートル/坂城町:ハウス面積・約2200平方メートル)と、協力農場の3拠点で生産している。今年の夏には、利用されていないビニールハウスを活用し、約2000万円を投じて坂城町でも農場を新設する予定である。合計の生産面積は約17%増え、約7000平方メートルになる。<参考記事:日本経済新聞など>